メイン

南アフリカW杯

1 2

2010年07月12日

スペイン優勝まじかよ

とうとうスペイン代表がW杯を取りましたよ。
イニエスタの右足を振りぬいたゴールシーンは、伝説のチェルシー戦を思い出した。

バルセロナの主力をほぼ揃え、攻守にわたりハイレベルなスペイン代表。
結果だけみれば、勝つべくして勝利したチームに相応しい。

しかしどこかでコケるのが『W杯でのスペイン代表』だったので、この結果は驚きだ。
ユーロを獲った後だっただけに、各国研究してきただろうし。

初戦のスイス戦で負けたおかげで、決勝Tへのぞむ気が引き締まったのかもしれない。

それにしてもバルセロナは、このスペインの攻撃陣+SBに加えメッシが居るのだから
そりゃもう反則みてーなチームだよな。

2010年07月11日

フォルランの大会になってる件

南アフリカのW杯はフォルランの大会になっている件。
フォルラン輝きすぎだろ。ここぞとばかり点を取るその様は
バロンドールを獲得した時のネドベドあたりを思い出す。

しかしマンUで結果を残せなかったフォルラン。
またプレミアへ移籍の話があるけど、リーガで活躍してほしいなあ。

2010年07月08日

スペイン決勝進出!

南アフリカW杯。なんとスペインが決勝進出した!
「なんと」と付けたのは、やっぱりどこかでコケるのがスペインらしい感じもしたから。
でも、ついに決勝まできちゃったよー。

それにしても、1-0、1-0、1-0・・・ってどこのイタリアンクラブだよというスコア。
でも今大会、スペインは研究し尽くされているだけにロースコアになるのは当然だし
それでも結局相手の守備を崩せずノーゴールに終わったのは初戦のスイス戦だけというのは
今大会のスペインは勝負強さがあるという証拠か。
ドイツ戦なんか見てると猛攻をしかけていながら流れの中で得点できなかった
あたりいつものスペインだけど、そこで決めるてくれたのが「闘将」プジョル!

今までのスペインには、こういうソウルフルなゴールがなかった。

先発したペドロもキレてたなー。最後のカウンターはトーレスにパス出しとけよとは思ったがw

2010年07月07日

オランダ決勝進出

南アフリカW杯の準決勝、オランダとウルグアイの試合は、これまた1点差の好ゲーム。
とくに1-1に追いついたときのフォルランの一撃には鳥肌たったよ。
後で交代させられちゃってたけど、怪我しててあのパフォーマンス。
これでウルグアイ優勝したら「フォルランの大会」と語られてもおかしくなかったな。

オランダは全戦全勝と完璧な試合運びで決勝まで進んだ。
今大会、一番安定しているチームかもしれない。

2010年07月06日

W杯景気、惜しい

W杯フィーバーのドイツ、準決勝進出で景気も上昇機運
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100706-00000534-reu-int

やっぱそうなるよなあ。
いつも日本とか応援しない自分でさえ、パラグアイ戦では応援していたくらいだ。
まして大会前からも優勝候補と言えなくないドイツですらここまで景気上昇するんだから
GL突破すら危ぶまれていた日本がベスト4進出なんてことになったら、国全体が活気付いたろう。

あ、でもスペイン対日本だったら、当然スペイン応援しますがなにかw

2010年07月04日

スペインまた辛勝

スペインがパラグアイに勝利し、ベスト4へ。
ここまで進めば、さすがに期待はずれってことはないでしょ?ある?
そんな周りの期待感がスペイン代表のプレッシャーとなっているんだろうか。

トーレスがめちゃくちゃ叩かれてるけど、先に先発で使うからこそ
次のジョレンテなりペドロなりがリズムチェンジ役として活きているような気がしないでもない。

現に先発で使わなかったスイス戦は負けてるわけだしねえ。

伝説的試合のウルグアイ対ガーナ

うっひゃーウルグアイとガーナの試合はすげえ激戦だったね!
後世に語り継がれる試合だった。

延長後半、試合終了間際の120分目におとずれたガーナの猛攻。
そのゴール間際での猛攻を防ぐウルグアイ。
最後は手を使ってでも止めてしまうウルグアイ。
完全に故意にハンドしてんのに笛吹かれたあと「え?俺?」って顔するあたり
南米の選手というか。

それでPK獲得したガーナ。これを決めれば完全に試合終了ってところでなんとPK外す。

その後のPK合戦。これでウルグアイが負ければ「惜しかったね」で終わるところ、
なんと勝利するあたり、伝説的。

けど勝利と引き換えに悪魔と契約したスアレス抜きでのオランダ戦は
正直厳しいとしか言い様がないが、今大会最大のミラクルなるか、ウルグアイ。

もうひとつの試合でブラジルが負けたってのもびっくりしたけど、オランダも強いチームだからな。

2010年06月30日

スペイン、ポルトガルを破りベスト8へ!

うひょー、正直始まるまで不安だらけだったけど、なんとかポルトガルに勝てたよースペイン!!ここまでゴールデンなメンバーを揃えているだけに、ベスト16での敗退は物足りないからね。

もちろん、ポルトガルもここで消えるには惜しいけど。

次はパラグアイ戦。ガチガチに守られてしまえばスイス戦の二の舞になるだけに、決定機をきっちり決められるかがポイント。あと、そろそろシャビアロンソのミドルとかも決まってくれたらな~。

ポルトガル戦で有効的だったジョレンテはどうすんのかな。僕としては、最初にトーレスを使っていたからこそあのジョレンテが活きたと思っているんで、出だしはビジャ・トーレスの2トップで良いと思うんだけどな。

2010年06月26日

スペインGL突破

初戦でまさかの敗退をしてしまった南アフリカW杯のスペイン代表だが、GLを終わってみれば2勝1敗、1位通過した。この成績は決して悪いものではないが、これでも「不甲斐ない」とされてしまうあたり、代表へのプレッシャーに繋がっているのかもしれない。リーグを2位で終えても批判されてしまう、レアルマドリーの様だ。

もし2位抜けであればブラジルと当たることになるので1位通過して良かった。でもポルトガルも嫌な相手だよなー。

2010年06月25日

イタリアあぼーん

南アフリカW杯のグループFは激戦!!
最後の1秒まで目が離せませんでしたねー!!

特にイタリアとスロバキアの試合は、勝ち越し追いつきの展開。
ロスタイムにもイタリアの決定的なセットプレーなんかあり、息尽くヒマもありませんでした。

結果的に前回優勝のイタリアは撃沈。
スペインも、足元すくわれないことを祈る。

1 2