『Darklymind Energy』へ戻る

Playstation
『BASTARD!!-虚ろなる神々の器』

F A Q



BASTARD!虚ろなる神々の器
未だ根強い人気のPS版『バスタード』。Amazonのマーケットプレイスでゲットだ!

 PS版バスタード『虚ろなる神々の器』について、よく見られる質問とその解答です。ネタバレ必至なので、文字を黒くしています。以下の文章はマウスでドラッグしたり、「編集→すべてを選択」などを行うと見えるようになります(情報提供:α氏)


ひとくちレビュー
 『BASTARD!!-虚ろなる神々の器』は、1996年に集英社・セタの共同によりPlaytionで発表されたRPGである。マップは全て3Dで構成されているが、当時のマシンスペック故か、動きはとても鈍い。この時点ではとても一般ユーザーにオススメできるものではないが、しかしながら、『バスタード』の小説を手掛けたベニー松山氏が書いたテキストによる描写で登場するお馴染みの同漫画キャラクター達が続々と登場しては仲間になり、それらが持ち技や魔法によって戦闘を繰り広げるだけでも、ファンにとっても思わずニヤリのRPGである。
 ストーリーは分岐があり、選択肢によっては仲間にならないキャラが居たりとプレイヤーの心をくすぐる工夫もされている。いっちょまえにRPGらしく隠しダンジョンも用意されており、またゲームにしか登場しないオリジナルキャラクターも潜んでいたりもする。マップ時の動きこそ褒められたものではありませんが、それを補ってファンを楽しませるだけの価値は持っているアイテムだと思います。キャラゲーのわりにはけっこうマトモですよ。

項目


 

・分岐(ロウ・カオス・ニュートラル各ルート)とは

・・・最も多く寄せられる質問の一つです。PS版バスタード『虚ろなる神々の器』にはストーリー上、3つの分岐があります。それによって仲間になるキャラや、覚えられる魔法、もちろんエンディングも変わってきます。基本的にロウルートは、ゲーム途中で出てくる選択肢等で良い行いを選んだ場合、逆にカオスルートは悪い行いを選んだ場合歩む道となります。(ニュートラルについては絶対的な基準は曖昧です。)





4章でのシェンとジオンの兄弟バトルについて

・・・この質問もかなり多く寄せられます。4章で、侍のシェンと魔戦将軍ジオンの兄弟がもめてバトルになるシーンがあります。このイベントは、上でいう属性の分岐に非常に重要なポイントとなるので、この手前でセーブしておく事をお薦めします。
ここでD・Sは普通に闘うと、2人とも助ける事ができなくなります。まず戦闘前の選択肢でヴァイを止めて、その後の戦闘でD・Sは防御を選んでください。3ターン防御に成功するとイベントが進み、2人とも生き残らせる事が可能になります。
ここでの行動は、もちろん2人とも生き残らせる事ができればロウへ進みますが、ひたすらカオスルートを目指す人はその逆を行いましょう。





・4章、スーゼミの神殿の見えるけど取れない宝箱

・・・いっぱい宝箱が見えるのに、どうもそこまで辿り着けない・・・。この沢山見える宝箱へ辿り着くには、ある場所で下に落ちないといけません。奥の方の宝箱が1つだけある場所の右側が落とし穴になっていますが、かなり分かりにくいので、下を向きながらうろうろしていると、見つかりやすいと思います。そこに落ちたら普通に歩いて行けば、宝ゾーンに辿り着けます。





・隠しダンジョンについて

・・・このゲームを一旦普通にクリアすると(ルートはどれでも良い)、クリアする前には開かなかったラストダンジョンの扉が開くようになっています。ここから隠しダンジョンに行けます。




・隠しダンジョンの秘密

・・・隠しダンジョンに入れたはいいけど、何の意味があるのか分からないと思う人も多いと思います。確かに普通にうろうろしているだけでは、あまり意味がありません。このダンジョンは、中に建てられている柱に大きな意味があります。

この柱の配置を鳥瞰すると

という様に、カバラのシンボル生命の木の配置になっています。この柱を1から順番に調べて行くと、最後の10で○○○が登場します。逆に、10から1に向かって調べて行くと、あるアイテムを入手する事ができます。
また、6〜9の柱の周辺をうろうろしていると、かなりの低確率ですが○○○○が登場します。私は実際まだ会った無いのですが、かなりの低確率なので根気が必要です。





・ラーズは登場するんですか?

・・・ロウルートで進めていくと、後半で意外な形で登場して仲間になります。




・隠しキャラは居るんですか?

・・・ラーズや○○○等、重要キャラなのにプレーの仕方によっては登場しないキャラもいますが、中でもカオスルートでは、原作には登場しないオリジナルキャラが登場したりします。また、暴凶餓飢地獄(エッド・ツェペリオン)等、カオスルートでしか覚えられない魔法もありますので、ひとつの分岐でクリアしただけでは楽しめない要素が他の分岐ではあります。




・エンディングについて

・・・このゲームはマルチエンディングになっています。ロウとカオス各ルートでまずエンディングが異なりますが、他に隠しダンジョンで○○○を倒すと特殊なエンディングを見る事ができます。




・攻略本がほしい

・・・このゲームの攻略本についての質問のよく目にします。まず、このゲームの攻略本は集英社から出ているVジャンプの攻略本しかありません。これを書いている時点(2002年)ではすでに新品で本屋に並んでいる事はまず無いと思いますので、ネットで手に入れるか、アナログな方法では古本屋を狙うしか無いと思います。狙い目としては、普通の古本屋ではなく、ゲーム屋等の攻略本コーナーを探した方が良いと思います。特にファミゲー等の懐ゲーに強いゲームの本棚には置いてある可能性が比較的多いと思います。私も2年前くらいに某クソゲー屋で発見しました。その時なぜ買っておかなかったのか、今でも後悔しています。