メイン

ゲーム

1 2 3 4 5 6 7 8 9

2005年01月31日

ドラクエ8プレー日記2

ドラクエ8プレー日記2(ネタバレあり)

ファーストインプレッション〜プレー日記1へ

※これから書くドラクエ8のプレー日記はネタばれを考慮していないので、注意してください。
※「●」…フローチャート 「☆」…プレー中に思った事やメモ等

続きを読む "ドラクエ8プレー日記2" »

ドラクエ8:クリア後のインプレッション

ドラクエ8もクリアし、自分なりに極めますた。これからノートにメモっておいたプレー日記を記していこうと思うけど、その前にクリア後の感想(インプレッション)を書いておこうと思います。以下ネタバレありです。

続きを読む "ドラクエ8:クリア後のインプレッション" »

ドラクエ8を再度クリア

ドラクエ8を再度クリアしました。
以下、ネタバレありです。

続きを読む "ドラクエ8を再度クリア" »

2005年01月27日

ゲームウィーク祭りだワショーイ

今週、注目ゲーム出過ぎ。
それらが発売される1月27日の今日、近所のゲーム屋に見に行ったが

「27日発売の新作は全て予約販売のみとなります」

の貼紙。…orz。
って、まだ買う気は無いけどね。もうちっと安くなってから買いたいわけだ。で、注目ゲームを挙げてみようと思う。

『デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2』
女神転生シリーズ(かろうじて)の新作『アバタールチューナー』の完全続編。ゲーム雑誌のレビューでは「2」からでも楽しめるみたいに書かれていたが、やっぱ「1」からやった方がいいっしょ。逆に「1」をそれなりに楽しめたのなら、「2」は間違いなく買いですな。あの続きが気になるっつーの。

『ラジアータ ストーリーズ』
『テイルズシリーズ』『ヴァルキリープロファイル』等を手掛けるトライエースの新作。仲間がいっぱい居るらしいRPG。幻水シリーズみたいなのか?は分からないけど、とりあえず期待は大なので買い。

『バイオハザード4』
これなんだよなー微妙なの。俺が学生で暇とエナジーに満ちあふれている頃であれば絶対買ってたんだけど、ゲームキューブのゲームって、むちゃくちゃ難しいのよ。以前『バイオハザード0』のあまりの難易度に閉口し、更にはPS2だけど『サイレントヒル3』の変態的なまでの恐怖感と嫌悪感でホラーアクションに対する免疫がズタズタに低下した俺にこの『バイオ4』は耐えられるのだろうか。…と思いつつ、買いたいゲームがRPGに集中しちゃってるんで、やってみたい一品ではあるんだよなー。せっかく持ってるゲームキューブを眠らせておくのももったいないし。

と、3点ですな。でも、その前に去年出たゲームですでにやりたいゲームが溜まってんだよなー。『テイルズオブリバース』と『マグナカルタ』。『テイルズ』は外れなく楽しめる安全パイなんでいずれ買おうと思っているんだけど、『マグナカルタ』は未知数だけに微妙…。ストーリーは面白そうなんだけど、戦闘に不評が多かったりするし。

うーん、どうしよっかな。『ドラクエ8』も自分なりに極めたし、そろそろ次のゲームをやりたい所。

そんな中、さりげなく麻雀ゲーなんてのもマターリとやりたかったりする…。

続きを読む "ゲームウィーク祭りだワショーイ" »

2004年12月26日

ドラクエ8を始める:ファーストインプレッション〜プレー日記1

※これから書くドラクエ8のプレー日記はネタばれを一切考慮していませんので、注意してください。
※私は色眼鏡でゲームをプレーしてしまうのが嫌なので、雑誌の記事やネットでの評判、さらには説明書も何も読んでません。どんなキャラが居て、どんなゲームシステムなのかも知りません。

☆先月買ってから封印していたドラゴンクエストVIII(ドラクエ8)をとうとう始めた。冬休みはもうちょっと先なのだが、"RPGは3〜4日目くらいが一番並に乗ってやめられなくなる"という持論の下、タイミングを合わせるため今週からプレーを始める。

☆ソフトをPS2にセットし電源ON。お馴染みのファンファーレが響き、お馴染みのドラクエのテーマが流れる。うひょードラクエだ。テーマが終了してもデモムービーが一切流れずそのままタイトルへループするところがドラクエらしい。

☆スタートすると「冒険の書をつくる」の画面へ。これもまんまドラクエ。名前を入力。今やRPGでは平仮名・カタカナ・英語、更には漢字まで入力できたりするのに、相変わらず平仮名とカタカナのみ(しかも4文字まで)。いやー、ドラクエだ。

☆オープニング。グラフィックが今回から3Dの視点になったが、それでも最近のRPGに比べりゃへぼい絵だ。ここもドラクエらしい。前作ドラクエ7ではプレー開始1時間くらいしてから初めて戦闘になったが、今回はいきなりイベントでスライム3匹登場。

→イベントが終わり身動きできるようになったので、メニューをいじる。「はなす・じゅもん・どうぐ…」など、項目すべて平仮名!!徹底してドラクエだ!!

☆設定でモニタの画面をノーマルかワイドか選べるようになっていたのが嬉しい。せっかくこの日のために新しくテレビを購入したのだから迷わずワイドを選択。

→イベントが終るとプロローグへ。主要スタッフの名前が流れる。プロローグが終ると最初の町「トラペッタ」へ。

●トラペッタの町
→町へ入る。☆3Dになったおかげで、かなり迷う。方向感覚が分からなくなる。□ボタンでマップが見れるようになるけど、通常画面で町のマップや方位記号の表示が欲しかった。

トラペッタで「盗賊の鍵」の情報を入手。この町にあるようだが?同じく町内に鍵の付いた宝箱×2あり。

☆ドラクエ8では「さくせん」で「なかま」を選ぶと仲間と話せるらしい。冒険のヒントなどが聞けるようだ。次にどこへ行けば良いかわからない時に便利だ。

→トラペッタで酒場に行くとイベント。仲間のトロデ王が怪物だと思われ町を追い出される。

→ユリマに滝の洞窟へ水晶を取りに行ってほしいと頼まれる。

●滝の洞窟

→途中モンスター(おおきづち)が門番をしている所があるが「はい」を選ぶと戦闘を避けられる。スライムが「こっちに宝箱があるよ」と言う先には「どうのつるぎ」がある。値段が高くて買えなかったので助かった。

→最下層でボス、ザバンと戦う。主人公とヤンガスのどちかかが「ためる」でどちらかが回復しながら倒す。ここまで来るのにレベル5になっていたが、けっこうシビアな戦闘だったかも。

●トラペットの町

→水晶を返す。南の関所が破られているという情報があり、南の関所を通れるようになる。リーザス村へ。

☆今回の「ドラクエ8」では各キャラに「スキル」なるものが与えられているが、これによって技や呪文を覚えるらしい。もしかして転職無いの?ダーマの神殿って無いんかい?

●南の関所〜リーザス村

→奥のゼシカの家。ゼシカの部屋はガキが見張っていて入れない。階段を上ってツボがある所に小さな穴が開いており、そこへトーポ(ねずみ)の潜らせる。トーポを操作して手紙を入手。ガキに見せる。

●リーザス像の塔

→ポルクを連れて行くと塔の中に入れる。塔では人面ガエル注意。攻撃を与えると人面モードになって攻撃力が増す。数多く出てきた時は思わずブーメランで中途半端にダメージを与えると瀕死の目に合う。ここはボスキャラは居なくて、最上階でゼシカのイベント。

リーザス象の塔クリア時でのレベル9

●ポルトリンク

→ゼシカを追って南の道をずっと行きポルトリンクへ。途中砂浜に寄り道すると強い敵が出て来て死にそうになる。

→ポルトリンクの船着き場受付にゼシカがいる。
☆船の航路にモンスターが居るために通行できないという、RPGおきまりの展開。しかもそれを主人公がやっつけるという…。こういうのもドラクエだ?

→船に乗り込む前に、ヤンガスが「くちぶえ」を覚えたのでモンスターを呼び寄せ、しばらくレベルを上げる。

今日はここまで。

☆ゲームバランスは昨今のゲームと比べればけっこうシビアな印象だ。普通に戦っていても、ある程度レベル上げのための戦いをしなければ途中で厳しくなる。また新しい防具を購入するだけでもけっこうダメージに違いがある。ここら辺のバランスもいつものドラクエって感じだね。教会に行かないとセーブできないのは今や不便だけどね。とはいっても大昔のゲームなんてもっとむちゃくちゃだったよな〜。40文字以上の復活の呪文を紙に書いては手動で入力…あり得ない時代を過ごしたものだ。

2004年12月02日

近年最大の期待外れだった『幻想水滸伝4』

『幻想水滸伝』シリーズといえば、自分の中では『女神転生』シリーズに並ぶ程の期待を込めたシリーズである。その『4』が今年発売され、かなりの期待を込めてプレーした。

…しかし、だ。はっきりいって、がっかりした。これ程ゲームで失望したのは久しく無いだろう。というか未だかつて、これ程期待と失望の落差の激しかったゲームは自分の中では無い。

----以下ネタバレ含むので注意----

『幻想水滸伝』シリーズの魅力を自分が二つ挙げるなら、シリーズをまたいで群雄割拠するキャラの魅力(決して◯◯萌え〜という事ではない)、もう一つは立て続けにテンポよく展開されるイベントで連なったシナリオの良さだろう。

しかし、『4』にはどちらも魅力を感じる事ができなかった。

『1』『2』では、あるイベントが終り本拠地で朝を迎えればすぐさま次のイベントが、さらに次へ、次へと、セーブをして今日はプレーを中断しよっと、というタイミングを失うかの如く押し寄せていた。

『3』では主人公が3人となり、シナリオが章で分割されたせいもあってか、そのテンポは今までよりは失われてしまったが、それでも主人公達が、ある時は敵となり味方となり、さらにはその裏で蠢く謎の軍勢の存在など、この手のRPG好きのツボを付くモノで、自分としては大変気に入った。シリーズを通して登場するルックというキャラが敵側のボスとして登場し、クリア後の隠しシナリオでも「ルック編」として、本編の見えざる部分をルックの視点でザッピングできたりするのも良かった。

ところが『4』はどうだ!
とにかく、"このゲームは船のゲームか?"と言っていい程、船での移動時間が長い!

序盤の展開こそは、主人公とその親友スノウの間に軋轢が生まれ、今後、彼等の様々な葛藤や行き違い、裏切りが描かれ、いずれは友情の復活などが展開させるのだろうと予想され、そこに数々のキャラが絡んでくるとすれば「こりゃおもしれえ!」とも思ったのだが、結局ガイエンを主人公が追い出された後は、小粒なイベントが続き、とにかくその間、船の移動、船の移動!!!

特に海賊の島を過ぎた辺りからは、次にどこへ行って何をすればイベントが進むのかがさっぱり分からず、広大な海を彷徨い、そこで適当に仲間を見つけて雑魚と戦っているうちにレベルが上がり、主立ったイベントも迎えないまま、気が付けばもうラストですよ!!!

結局スノウなんてシナリオに関わってくるどころか、チンピラみたいにたまに登場して主人公に戦いを挑んではすぐやられ、海に島流しされるだけ。
クレイ商会だのトロイだの、敵側の組織も登場するにはしたが、それらもほとんど主人公に緩衝する事なく、いざ合ったらもうラスボスという始末だ(最初はガイエンを追放されてすぐトロイに合ったけど、次はもうラスト、なぜかラスト)。

当然、自分としてはその後に更なる闇の組織が登場し、スノウかなんかが秘密の力を得て闇軍団でも構え主人公に敵対してくるもんだと思っていたら、もうエンドですよ?エンド。悲しいよ。

『1』で主人公の親友であり、作中で死を遂げたキャラ・テッドが登場する事で、『1』の熱烈なファンには指示されているようだが、自分にとっちゃ、「だから、何?」状態。『4』は『1』より前の時代設定だから、シリーズを通して出てくるキャラも少なく、さらにはそれらもまるでシナリオには関わってくる事はないので、感情移入もできない。

しばしば昨今の『FF』シリーズをはじめとするムービー至上主義的なゲームが、"まるでムービーの間にゲームがあるようだ"と揶揄されるが、『幻想水滸伝4』は、
"船の移動の間にシナリオがあるようだ"と、自分なりの意見。

でも、これはイレギュラーだったと思おう。これは『4』っつーか、『外伝』なんだろう。
心ない指導者が、このゲームを中途半端なまま、世に送り出してしまったのだろう。

だから、俺はまだ『5』に期待しているよ…。期待するシリーズが減るのは、嫌だから…。

2004年11月30日

ドラクエ8買ってきました

予約していた店でドラクエ8を買って来た。
店頭では「好評に付き品切れ、次回入荷は未定です」の貼紙がしてあったが、予約してたんで余裕で買えた。わずかな優越感を覚えるも、結局時間の都合でプレーすんのは年末年始。だって連休で一気にプレーしたいじゃん。

予約特典(というかメーカーの宣伝)で、スクウェア・エニックスの新作情報みたいなのが詰まったDVDが袋に入っていたので、見てみた。

中のコンテンツで気になったチャプターといえば「衝撃スクープ!?極秘ビッグタイトルの全貌に迫る!!」とかいうもの。何だ?と見てみれば、何の事はない、『半熟英雄4』だって。
あともう一つ気になった『ロマンシングサガ-ミンストレルソング-』なんだけど、これってスーファミ版初代ロマサガのリメイクなのか?だったら残念。せっかく"フロンティア"でも"アンリミテッド"でも無い、"ロマンシングサガ"の新作がプレーできると思っていたのに。

2004年11月27日

ドラクエ8が発売、今回も行列?

ドラクエ8、ドラゴンクエスト8、DQ8、発売しますたね。
私はといえば先々月、勢いで予約しておきながら、まだ買ってません。
ちょっくら量販店(否予約した店)に、夜の10時頃に様子を見に行きましたが、島チンで大量に在庫あり。この分じゃ、予約しなくっても余裕で変えますわ。まーどうせプレーするのは仕事が冬休みになってからだから、年末年始なんだけど。学生時代だったら今頃狂ったようにやってますな。

しかしながらこの大作RPGのシリーズ。「6」あたりからか、ゲーム雑誌各社に規制をかけているようで、ゲームの発売日前のクロスレビューに載る事はない。もっと堂々と売れやー。フェアじゃねーな。(追記:もしかしたら情報漏えいのために、ゲーム編集部にもサンプルが配られなかったのかも。それでも他の大作ゲームはちゃんと発売前にレビューされてるしねえ)。

関連リンク
ドラクエ8 発売開始 異例の時間指定に徹夜の行列
↑に行列の写真が載っていますが、「3」の頃のような長蛇の列に比べたら全然。まー今はメディアが大量生産できるから、並ばなきゃ変えない程、出荷数も少なく無いでしょうし、昔みたいにワイドショーで取り上げられる事も無いでしょう。そういえば「3」の頃は発売日に変えなくて、後の平日、親戚のおじいちゃんに量販店に並びに行ってもらった覚えがあります。おじいちゃん、ありがとう。

続きを読む "ドラクエ8が発売、今回も行列?" »

2004年11月19日

え、アバタールチューナー2出んの?

↓以下、アバタールチューナー1のネタバレ含む

コンビニでゲーム雑誌を立ち読みしていたら、なんと『DIGITAL DEVIL SAGA アバタールチューナー2』の情報が。

前作があまりに中途半端な終り方をしたので、「やっちまったか、アトラス」と思わずにはいられなかったのだが、始めっから「2」が出るって言ってくれれば、納得したのにな〜。あの話の続きはすげー気になったもの。

前作とはキャラとマントラの成長の仕方が違っているみたい。
ストーリーはモロに前作の続きからのようで、しかも来年の1月27日発売と、すでに間近じゃん。こりゃま、買いだな。

2004年10月12日

幻想水滸伝4 インプレ〜

『流行り神』以来のゲームプレーだ。
久々にハマる。ぶっ通しで10時間以上やった。

とりあえず、海が舞台という事で、マップが海で出来ており、船でその上を移動するわけだが、ちょっと『ゼルダの伝説 風のタクト』っぽいね(あるいは『ネオアトラス』か?)
それにしても、この移動がとにかく面倒(といっても風タク程の苦痛はないが・・・)。
広大なマップを移動するわけだが、船の動きが遅い遅い…。早くビッキー(テレポートキャラ)見つけたいね。

シナリオはなんとなく「2」っぽいのかな。なんとなくだけど。「3」にあったスキルの成長が無くなってしまったのが残念だけど、まあ良くも悪くも「幻想水滸伝」だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9