メイン

ゲーム

1 2 3 4 5 6 7 8 9

2011年10月16日

FF14、有料化開始

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684.T>は14日、昨年9月にパソコンのオンライン版でリリースした「ファイナルファンタジー(FF)14」の有料化を11月下旬―12月上旬から開始すると発表した。

FF至上、最悪と言われた『FF14』、ここにきて有料化ですか。

もはや「商品として成り立っていない」とまで言われていましたが、

どこまで持ち直したのでしょうね。

あ、ところでPS3版の『FF14』は?

>また、FF14のビジネスモデルとして検討していたパッケージソフト販売については、
>ソニーの据置型ゲーム機「プレイステーション3」向けに
>2013年1月以降に発売する計画を決めたという。

2013年1月以降に発売する計画を決めたという。
2013年1月以降に発売する計画を決めたという。
2013年1月以降に発売する計画を決めたという。
2013年1月以降に発売する計画を決めたという。
2013年1月以降に発売する計画を決めたという。


2013年!?

しょうゆ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111014-00000361-reu-bus_all

2007年08月03日

『ゴッド・オブ・ウォーII』日本発売決定

株式会社カプコンは、プレイステーション 2用アクション「ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲」の日本発売を 決定した。発売日は10月25日で、価格は7,340円。CEROレーティングはD(17歳以上対象)。
 キ、キタ−ーー!!     全くの今『ゴッドオブウォー』をクリアしばかりのオレにタイムリーなニュースですよ!確かにコレ凄いよ。アメリカじゃ大ヒットしたらしいけど、なんで日本じゃ売れなかったんでしょう。主人公がマッチョだからか(w?

 PS2の限界かと思われる程のド派手なグラフィックで繰り広げられるアクションがとにかくスゲーのと、そこに適度な難易度のパズル要素が絡んでくるのがGood。舞台がギリシャ神話なのでゼウスとかポセイドンとかケルベロスとかそういうのが好きな人にもたまらんと思う。甘っちょろい倫理観を素っ飛ばしているのもマル。近いうちにDarkly Reviewの方で本格的にレビューしますぞ。

 …ただ、クリア時間が10時間ちょっととボリューム不足だったので、もしかしたら「2」買わないかも(←おい)。

●しょうゆ
・カプコン、PS2「ゴッド・オブ・ウォーII」日本発売決定
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070803/gow.htm

2007年06月24日

『女神転生IMAGINE』に新ダンジョン

 『女神転生IMAGINE』に待望の新ダンジョン『魔階シブヤクォーツ』が近日追加されるもよう。でもそこへ入るためのプレートは販売されはおらず特別なアイテムと交換、そして難癖ある敵キャラも多くソロで攻略するのは難しそう。

 先日新エピソードが公開され、バザーシステムも始まった『女神転生IMAGENE』。活気付いてきたか・・・と思われるが、まだまだ未完成の領域多すぎだよな・・・。

●しょうゆ
http://member.megatenonline.com/

2007年06月15日

今まで通り『PS2』で出せばいい

 『PS3』『Wii』『Xbox360』と出そろった次世代ゲームハード。しかしながら今後の将来性を計る決め手が薄く、参入を渋っている各メーカーの皆さん。

 今まで通り、『PS2』で出せばいい。

 ハッキリ言って一番売れるし、多くのユーザーは次世代ハードなんか、求めてない。グラフィックやネットワークが向上する事に越した事はないが、出し渋りでなかなか新作の情報が出ないような状況を招くより、遥かにマシだ。早く続編が出ないかと期待しているシリーズだって沢山ある。プラットフォームは次世代ハードに移行しなければならない、なんて誰も言ってないのに暗黙の了解のようになっている先入観は、もう捨てればいい。

 あ、ちなみに『DS』は携帯機種だから別ね。携帯ゲーと据え置きゲーって根本的に違うし。『ドラクエ9』が『PS2』で発表されていたら「英断!!」と拍手を送りたかったが、『DS』だもんな。

2007年04月30日

『魔界塔士サ・ガ』携帯アプリで復活!

1989年に発売され、ミリオンセラーとなったゲームボーイ向けRPG『魔界塔士サ・ガ』が、ケータイ専用アプリに遂に登場します。 斬新なゲーム性・世界観が支持されたオリジナル版のゲームシステム、ストーリーはそのままに、モノクロであったゲーム画面をフルカラーで再現するなど、ケータイの最新スペックに合わせてリニューアル!! あの感動が、懐かしさとともに再び蘇ります。

続きを読む "『魔界塔士サ・ガ』携帯アプリで復活!" »

2007年04月01日

『ひぐらし』にハマり続ける

 『ひぐらしのなく頃に祭』に完全にハマってしまった。そんな暇でもないのに、気づいたらプレーしている・・・やばっ。このゲーム、ゲームと呼べるのか分からん程、海の様に膨大なテキストをほぼ読んでるだけ。言わば紙芝居だ。しかし・・・気になる!先が!!

 その辺の推理小説を読んでいてもここまでハマった事はないかも。止め時を区切るのが非常に難しく、先週から寝不足である。そんでもって2日連続で悪夢まで見てしまった・・・くけけけけけけけ(苦笑)。オリジナルを知る人にとってこの『祭(PS2)』は酷評されているようですけど、幸か不幸か原作を知らん私はそんな事一切関係なくハマり続けるのであった。

2007年03月25日

『ひぐらしのなく頃に 祭』中盤レビュー

 『ひぐらしのなく頃に 祭』(PS2)をプレー。・・・ハマってしまった・・・。

 冒頭こそ、U15と思われるロリっ娘達が時にはセーラー服・・・時には体操服・・・さらにはスクール水着となったりして主人公とカードゲームをしたり、鬼ごっこ(汗)をしたりする内容に

 「き・・・きつい・・・」

 と閉口させられもしたが、次々と剥がされていく、シナリオに用意された謎、謎、謎の数々が眼前に重ねられていくうち、それら序盤の、主要キャラが繰り広げる極めてライトな日常のノリが、本編で描かれる陰の部分を更に色濃く際立たせるための補色だったのかな、と気づかされる。

 いやー、先が気になっちゃって。気づいたら3日で25時間プレーしてやんの俺。寝る間が惜しい。

2006年12月12日

DQ最新作『ドラゴンクエスト9星空の守り人』はニンテンドーDS!

●しょうゆ
・『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』画面写真公開!
http://www.famitsu.com/game/news/2006/12/12/103,1165907676,64336,0,0.html

 いやー驚きました。

2006年12月12日にスクウェア・エニックスが"生誕20周年記念 新作発表会ドラゴンクエスト~更なる冒険の世界へ~"という発表会を開催。その席で国民的RPGのシリーズ最新作にして待望のナンバリングタイトル、ニンテンドー DS用ソフト『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が発表された。
 『FF13』は『PS3』、ではドラクエのナンバリングタイトル最新作は『PS3』なのか、『Wii』なのかとささやかれる中、なんと『ニンテンドーDS』ときましたですか。う~ん、『FF』とは異なりニンテンドー側に付いた『ドラクエ』。しかしプラットフォームは『Wii』ではなく携帯ハードである『DS』ですか。

続きを読む "DQ最新作『ドラゴンクエスト9星空の守り人』はニンテンドーDS!" »

2006年12月10日

『EVER17』レビュー

EVER17(エバーセブンティーン)』/KID(PS2)
ジャンル:サウンドノベル
満足度:


男女7人の海中からの脱出劇を、2人の主人公の視点から描いたサスペンスアドベンチャーゲーム。その緊迫した中で、取り残された5人の女の子との恋愛をそれぞれ成就させ、このシナリオに隠された本当の秘密を明らかにしていく。

 テキストアドベンチャーの最高峰としてネットでも評価が絶大な『EVER17』をやってみた。クリアしてみて・・・なるほど、確かにこれは秀逸だ。

 内容は非常にミステリアスで形而上学的なテーマを扱っており、恋愛どうこういうのはむしろどうでもよく、謎に満ちたストーリーが好きなAVGファンなら楽しめる内容になっている。個人的には『この世の果てで恋を唄う少女YO-NO』『EVE burst error』『久遠の絆』等と並ぶAVGの傑作のひとつだと思います。

続きを読む "『EVER17』レビュー" »

2006年12月04日

『EVER17』のKID、破産していた

ゲームソフト会社のキッド(資本金1億6090万円、東京都大田区、市川久祥社長)が11月30日に営業を停止し、12月1日に東京地裁へ自己破産の申請を申し立てたことが分かった。民間の信用調査会社、帝国データバンクによると、負債総額は約5億3000万円。
 『infinity』シリーズ等の人気アドベンチャーゲームを送り出していた中堅ゲームメーカーKIDが自己破産していた・・・。あ~あ、つい最近『EVER17』プレーしたばっかりで、新作の『12RIVEN』も期待していたんだが。まあスタッフが絶命したわけじゃなし、時を越えて発売されると信じたいですな。

●しょうゆ
・キッド:負債額約5億3000万円、自己破産申請へ
http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/12/53000.html

1 2 3 4 5 6 7 8 9