メイン

サイコミュ

2009年01月23日

脳波

玩具メーカーの米Uncle Milton Industries社は、われわれ『スター・ウォーズ』マニア(あるいは、少なくともわれわれの子ども)がその夢を実現するのを助けようとしている。……まあ少なくとも、それに近いことをしようとしている。

『USA Today』紙が報じているように、Uncle Milton Industries社は今秋、ワイヤレス・ヘッドセットを利用して誰でもフォースを鍛え、管の中に浮かぶボールをコントロールできる新しい機器を発売しようとしているのだ。

実際には、ハンドセットはシンプルな脳波読取装置で、ボールを宙に浮かしているベースステーションにデータを送り、読み取ったデータに応じてボールを上下させる。

 このブログでも何度かサイコミュネタを取り上げてきましたが、今回は脳波でボールをコントロールする装置です。こういった装置は何度か記事にもなりましたが、今回は販売予定価格が90〜100ドルという身近さが特筆すべき点でしょうか。

 パイプの中のボールを中に浮かせるという単純な動作ながら、ボールには手を触れず脳波を読み取ったデータに応じる事で浮き沈みさせる様はまさにサイコミュの原型ですよ。よく分からんが感情が高ぶったりするとボールが激しく動いたりするんでしょうか。そうであるなら、かなりやばいところまで進んでいる技術の様にすら思えますが。

 2009年の時点でこれですよ。この先の将来性を見据え、今から磨いておかなければならない技術は『脳波のコントロール』ではないでしょうか。

●しょうゆ
・「フォース」を鍛える装置:脳波でボールを操作
http://wiredvision.jp/news/200901/2009012119.html

2008年12月13日

脳内画像を再現

人が目で見て認識している視覚情報を、脳活動を調べることで読み取り、コンピューターで画像として再現することに国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府)などの研究チームが初めて成功した。まだ単純な図形や文字で成功した段階だが、将来は夢を映画のように再現できる可能性もあるという。11日付の米科学誌「ニューロン」に発表した。
 また人類の新たな発展の歴史キターーーーーーーーーー!!

 脳内で感じてモノを動かす技術でなく、脳内で認識した画像や動画を再現する技術。あと10年したら世界はもう180度変わっちゃってるかもしれない。

 こりゃほんと不況だの円高だの言ってる場合じゃないな。そういう現実的な問題とはかけ離れたところで、人類は確実に新しい到達点に達しようとしているのだ。これらの技術は、インターネットがもたらした影響力をさらに上回るのではないかと見ているのだが。

●しょうゆ
・夢を映像化!?脳内画像を脳活動から再現
http://sankei.jp.msn.com/science/science/081211/scn0812110201000-n1.htm

2007年10月14日

君や蝶我や荘子が夢心

 やあみんな、こんにちは。今日も、これからの21世紀の人類が経験しようとしている新しい革命、サイコミュ関連のニュースをお届けするよ。

慶應義塾大学理工学部生命情報学科牛場潤一専任講師は、頭の中で考えただけで3Dバーチャルコミュニティ・サービス「セカンドライフ」内を散歩できる、ブレイン・コンピュータ・インターフェース技術の開発に成功した。機械が脳波を読み取ってコンピュータを操作するブレイン・コンピュータ・インターフェース技術は近年研究・開発が進んでいるが、その技術を、セカンドライフ内のキャラクタの操作に応用するのは世界初の試みだ。
 この技術が進めば、人は脳で楽器を演奏できる、脳で絵が描ける。世界に眠る多くの隠れ芸術家が一斉に陽の目を見る事だってできる。そして、未だ人類がどんなに頑張っても合理的に理解できないでいる宇宙の謎になんかも、脳を通してその一端に触れる事が可能になるかもしれない夢の技術。

 新しい世界がすぐそこに来ている。そこにあるのは光か闇かは分からないけど。

●しょうゆ
・頭の中で考えただけでセカンドライフ内を“散歩”できる技術を開発
http://news.ameba.jp/2007/10/7766.php