◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« '06F1日本GP決勝:驚愕の鈴鹿 | トップページ | 再見 »

『EVE new generation』クリア後のレビュー[ゲーム]

EVE new generation』/角川書店(PS2)
ジャンル:テキストアドベンチャー
満足度:

マルチサイト・テキストアドベンチャーゲーム『EVE』シリーズの最新作である『EVE new generation』。クリアしましたのでレビュー載せておきます。

●事実上の”2作目”

海辺の倉庫に住む探偵の天城小次郎と内調の捜査員法上まりなの2人の視点で物語の謎を解く人気テキストアドベンチャー『EVE』シリーズも、もう5作目。・・・しかし剣乃ゆきひろ(菅野ひろゆき)がシナリオを担当した、初代『EVE burst error』が名作中の名作だっただけに、これに続く同シリーズの作品はシナリオがどれも中途半端。作品として見る影無いものばかり。

 そこにきて、この5作目。『EVEシリーズ』だから、と惰性でプレーする私。しかしこれがまた久々の快作!!いや、とうとう初代『EVE』と比べられるだけの作品が登場した、という感じ。

●練られたシナリオ

 ミステリアスな展開、張り巡らされる複線、興味深いテーマ、先が気になる話の展開。かなり無理ある話だとは思いますが、それぞれの疑問にはしっかりと説明が成されている。2作目以降の『EVE』には、こんな当たり前の事が欠如していた。何よりも「マルチサイト」というEVE特有のシステムを最大限に生かしているところが見事。

●ゲーム性は薄い

 気になる場所にカーソルを合わせ、○で行動、△で話す、四角で見る・・・というシステムは斬新かもしれないけど、ゲーム性はかなり希薄。とりあえず総当り的にボタン押してりゃ先に進むし、小次郎(あるいはまりな)で詰まった場合はサイトチェンジのアイコンが現れるというかなりのユーザーフレンドリーぶり。

 でもシナリオがサクサク進んだ分、物語に入り込めたのも事実だから、ここはオッケーかなあ。

●少しクールになった

 上述のカーソルを調べるシステムとか、セーブ画面とか、音も無くフェードアウトするスタート時の文章とか、そういうデザインはちょっとクール。まあ特筆すべきもんでもないけど、初代も含めこの辺は『EVE』シリーズ、ダサかったからなあ。

●グラフィック

 乃衣が噴水に寝そべってるシーンは良かったですなあ。でも回想シーンとか、長いシーンで拡大された画面を左から右へ~~・・・っていうのはチープだからやめて欲しかった。あと、まりなとか弥生ってこんな顔だったっけ?それに本部長も・・・。

●で、初代は超えたのか

 で、初代は超えられたのか。・・・と言われれば、さすがに超えてないと思います。あまりに深かったですからな~、初代は。でも2作目以降の『EVE』とは比べられないくらい面白かった事は間違いないし、打越鋼太郎って知らなかったけど、別の作品もやってみたいと思わされました。

 しかし小次郎とかまりなとか、よく研究(?)してるよなあ~。流れ星のシーンで「お前が何か願い事したかどうか聞かないように」、なんて確かに小次郎が言いそうな台詞だし、「禅問答してんじゃない」っていう剣乃ゆきひろワードも登場した。ただ、まりなの方はちょっとだけ違和感あったかな。あんなにウブじゃないだろう・・・。

 さて、次はどうするんでしょう『EVE』シリーズ。またちゃんとしたシナリオライターと製作環境で作ってください、期待してますよ!

打越鋼太郎シナリオ作品