◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« 非接触体温計「触れずに3秒で検温」 | トップページ | ほしのあきDVD『ポートフォリオ』発売記念イベントでバストアップの秘訣を語る »

『バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』プレイ直後レビュー[ゲーム]

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海』をプレイしました。今更ですが、「2」が出るって事なんで前から気になっているこのゲームを買ってみた次第であります。

 開始から3時間弱ですが、なかなかおもしれーじゃないですか!

 いや〜、イイっすよこれ。
 「カードバトル」なんて聞くと嫌でもファミコンの『ドラゴンボール』思い出しますよね。あれって当時大人気だったんですけど、個人的にいまいち面白くなかったんですよ。だからそんな繋がりで『バテンカイトス』もずっと敬遠してきたんですが…良い意味で裏切られましたかねえ。

カードシステムは面白い
 肝となるカードによるバトル、面白いです。選ぶカードに迷ってると時間切れになっちゃうんでボーっとプレイはできませんけどね。何よりレベルやクラスが上がると組めるデッキの枚数が増えたりして、1レベル成長する事の楽しみ=本来のRPGの楽しみを再認識できた事が嬉しい。

しかし時間のかかる戦闘
 1回の戦闘に時間がかかります。なぜなら攻撃のターンにうまい事、攻撃のカードがでないからです。そうなると関係無いカードを場に出してそのターンはやり過ごさなくてはならないので、余計に不必要なターンが増えます。かといってデッキに攻撃のカードばかり増やすと守備が疎かになり大ダメージを食らうし…。この辺りちょっとストレスが溜まりますかな。

写真を売って金を稼ぐシステムは斬新
敵キャラの写真を取ってそれを換金しながら金を稼ぐというシステムは非常に斬新。ですが、ただでさえデッキに余裕が無い所にカメラのカードを仕込まなければならず、かといって写真を撮らないとまず金を稼ぐ手段が無い…困り者です。特にボスキャラの写真は撮っておかないと今後アイテムを買うのが辛くなる程換金率が高いので必須。でも攻撃(防御)したい時にカメラのカードが出てくるとイラつくんですな〜。

ストーリーとか絵とか操作性とか
 まだ序盤なんでストーリーはこれからどうなるか分かりませんが、壮大そうな感じではあります。主人公とヒロインが別の道を歩もうとしていながらも、互いに大きな流れに巻き込まれようとしているとかそんな感じ。ムービーは映画的で美しいです。街のグラフィックもイイ。キャラを操作したり、会話したりする時にちょっと操作性の違和感を感じますが、これは些細な問題かな。

音楽は非常にイイ!
 このゲームの音楽は非常に素晴らしいです。特に全体マップ時の神秘的な音楽とか、中ボス戦のメタルな感じとか、かなりイイっす。キャンプ画面でこれまで流れた曲をいつでもサウンドテスト出来るのもGood!! 意外と昨今のRPGは音楽が印象薄いんですけど、コレは記憶に残りそう。


 その他、腕輪の家系ヒト集めとか隠しコンボとかやり込み要素もかなりありそうです。不満な部分は多少ありますが、不安視していたカードシステムはなかなか面白いのでとりあえず楽しめそうです。

 ちなみにこのソフトは何で箱が横長なのかと思ったら、DISK1と2がそれぞれひとつのケースに収められており、その2つがさらにその横長の箱に入れられていた事によるものでした。なんでこんな面倒な事をしたのかは、よくわかりません(w 中にデカい地図でも収められているものかと思ったよ。