◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« 一青窈(ひととよう)が萌え系に | トップページ | バルセロナ15連勝ならず »

『テイルズ オブ レジェンディア』クリア後のレビュー[ゲーム]

テイルズ オブ レジェンディア』(ナムコ)

 長い…長かった!!!やっとクリアしたのでレビュー載せておきます。

(ネタバレあり)

●二部構成の必要性が「?」

 多くの謎を残しながらラスボスと戦闘。その後のエンディングロールの後、クリアデータを保存…すると今度は「キャラクタークエスト」なるシナリオが登場。どうやらメインシナリオとは別に各キャラを視点においたシナリオが始まるらしい。

 おお、こんな壮大な隠し要素があるRPGなんて久々じゃねーか?と驚愕していたら、取扱説明書に思いっきり「二部構成」と書いてありました…。

 さて、この二部構成の意義が不明。メインシナリオは王道のRPGっぽいモノですが、キャラクタークエストは各キャラを視点にした涙モノのシナリオが次々と用意されており(また全体の流れとして黒幕みたいなものいる)、なかなか作り込まれてはいます。ですが、それらを2つに分けるのはどうかと。

 何がマズイかって、あれですよ、あれ。キャラクタークエストは、メインシナリオで一通り行った事のあるダンジョンにもう一度潜り込まなくてはならないんですよ。想像してみてください、すでに行った事にあるダンジョンをもう一度歩きまわる…おまけにそこの中ボスを倒したらまた入り口まで歩いて引き返さなくてはならず、これが苦痛で苦痛で仕方ない。

 せっかくシナリオはよく出来ているのに、それを「お使い要素」にしてしまうのは何ともいただけない。絶対1部と2部をひとつのシナリオでまとめるべきでしたね。

●単調すぎる戦闘

 『リバース』では3ラインあった戦闘ラインがひとつになり、これにより◯ボタン連打で勝てるようになりました。連打というか押しっぱなしでOK。戦闘に多くを望む人はやってはいけないゲームでしょう。まぁ私は所詮テイルシジリーズはいつも息抜きでプレーするようなRPGだと思ってますんで、片手でサンドイッチでも食いながらマターリやってましたけど。

 空を飛んでいる敵や小さい敵は攻撃が当たりにくくイライラしましたね。あと投げ技がイマイチ。敵をダウンさせないといけないわけですが、ダウンさせてしまうと他のキャラの攻撃がまったく当たらなくなり、結果的に敵をサポートさせてしまうだけ。

●ヒロインが×

 なんですか、「お人形さん」みたいなあのヒロインの絵は。これは多くのユーザにとって不評を買ったことでしょうね。

●音楽は重厚で◯

 オーケストラを用意した重厚な音楽は良かったと思います。

●スキャット少ねー

 『シンフォニア』や『リバース』では「うぜえ」と思える程、次から次へとスキャットが用意されていましたが、『レジェンディア』は激減。戦闘で逃げた回数やエンカウント、プレイ時間などが一定に達するとスキャットが始まる感じで、後は静かなものです。

●街が少ねー!!

 これは痛い。街が少なすぎ。つーか街という街はひとつしかないじゃん。ここを拠点に各地を巡るお使いRPGの印象大。王道RPGが売りのテイルズシリーズにこんな事求めてません。マップを歩いて、新しい街を発見して、そこで武器やアイテムを買ったり、新しい仲間に出会ったりしてこそ、王道RPG。

●召還獣(精霊)いねー

 これも痛いなあ。『リバース』でもそうでしたが、やっぱ戦闘に召還獣が登場してこそ王道RPG。ノームやらヴォルトやらはシナリオに名前こそ登場するが、戦闘には参加しねーのか。これによりただ攻撃魔法が使えるだけのグリューネの存在が気迫に。この人召還魔法が使えるべきでしょ。もちろんキャラクエでは最重要キャラですけど…。

●異世界もねー

 メインのマップと違う異世界のマップが存在する。これぞ王道RPG。ここらへんも『リバース』からなくなってる…。キャラクエの舞台を異世界にしてくれればかなり良かったのになあ。でも開発ペースの早いのが売りでもあるテイルズリーズ、そういったシステムまで作り込むのは無理なんでしょう。

●空飛べない

 あー、どこまで王道RPGの枠から外れればいいのか。ついに空飛ぶ乗り物も無くなってしまいました。その代わり各拠点を行き来できるワープゾーンみたいなのがありますが、これがホント、お使いRPGっぽさを増長させているんよ…。

●合成もいまいち

 「合成」っていつ出来るんだよ!と思ってたら結局キャラクエが始まるまで不可能でした。「合成」っつっても”何を何を合わせると◯◯ができる”というようなワクワク感は皆無。ただ色んなアイテムを集めると強い武器防具ができるといった感じの、とってつけたようなシステム。でも開発ペースの早いのが売りでもあるテイルズリーズ、そういったシステムまで作り込むのは無理なんでしょうその2。

●料理もいまいち

 バスケットに10個しか入れておけないっつーのはどうかと。すぐ魔法で体力回復できるから、あまり有り難みもない。

●一応詰まった所(苦戦した所)

 ほとんど無いですが、最初のモーゼス&ギート戦、メインシナリオのラスボス、ダークセネル&シャーリー戦などは苦戦しました。メインシナリオのラスボスが一番苦戦したかな。クライマックスボトルを沢山使用して、7度目かのチャレンジでやっと勝てました。ダークセネル&シャーリーは、シャーリーに魔法を使われてしまうと大ダメージを食らうので、セネルは無視してとにかくシャーリーを先に倒す事でクリアできました。

-総評-

 うーん、『レジェンディア』は不満点ばかり目立ちましたね。キャラクエのシナリオはいくらよくても、惰性でプレーしてるって感じでした。でも、かといって、毎度同じ王道RPGを極めていたんじゃ、「キャラが違うだけでいつも同じゲーム」とされてしまうんでしょうから、難しい所ではあるでしょうね。私はそれでもいいんですけど。だって特異なモノを求めてるんだったら、テイルズシリーズなんてやりませんから(W

 しかしながら濃いゲームと濃いゲームの合間にやれる、肩の力を入れずにプレーできるゲームとしては、楽しめましたよ。そこら辺はやはりテイルズシリーズですね。

 ちなみに総プレー時間は65時間でした(うち25時間くらいがキャラクエ)。