◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« チェルシー、ベティスに敗れる!! | トップページ | 歯医者でスケーリング »

バイオハザード4プレイ日記その2[ゲーム]

 アシュリーなる小娘を連れて歩くようになってからというもの、難易度が急上昇(汗)。コイツがもう、すぐ敵にさらわれる、攻撃される、流れ弾に当る、おまけに罠にハマる…で、うっとうしい事この上無い。もう、何度もゲームオーバーになりまくり。

 俺1人生き抜くのに精一杯なんだよ!!

 と叫びたい。

 雑魚キャラも更に手強くなり、首がふっ飛ばされても寄生獣みたいになって復活したり、あるいは盾なんか構えてやがってハンドガンが効かなかったり、おまけに巨大な大砲で攻撃してきたりとか、

 もうムチャクチャっすわ。

 そんな中、アシュリーを守らなくてはならない。極めつけは、アシュリーが1人で仕掛けを解くイベントがあるんだけど、その間アシュリーに迫る敵をやっつけながら、更に自分の周りに寄ってくる敵も注意しなきゃいけないというモノ。もう、プレイヤーをいじめてるとしか思えん(w このありえないまでの緊張感や恐怖感のせいで

 当然夢でうなされます。

 ただ、ゲームとしてはやはり最高のデキ。迫力満点。雑魚キャラの意味不明な叫び声とかうなり声が不気味すぎるのなんの…。うー、やばいってこれ。やる価値アリっすよ。