◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« バイオハザード4プレイ日記 | トップページ | F1予選、'06シーズンから『ノックアウト方式』に »

混戦のリーガエスパニョーラ[海外サッカー(05-06)]

レアルマドリー 1-2 バレンシア
 
 05-06シーズンのリーガエスパニョーラ第8節。レアルマドリーはホームながらバレンシアに1-2で敗退。連勝ストップ。うーん、ディオゴの上がりがちょっと少なかったように見えたな。あとグラベセンは出て来てすぐレッドカード…。ラウールの得点は見事としか言えない。試合終了間際の惜しいやつを決めていたら神だった。

 しかし良いカードなのに審判がよく無かったな。あんな試合開始からカードを出すものじゃないし、最初のジダンが蹴ったPKも別に取らなくて良いと思う(バレンシアのPKは間違いなくハンドだけど)。それにグラベセンのやつもイエローで済むだろ普通。全然試合をコントロールできてなかったな。

 それにしてもマドリーはこのところ波に乗っていただけに、今後のCLの試合まで引きずらないといいけど。

 マドリーが敗れて首位陥落、そしてトップに立つのは今シーズンの台風の目ヘタフェ。以下2位セルタ、マドリーとバレンシアとオサスナが勝ち点で並んで3位、そしてバルサ。いやー混戦で面白いね。

 ベティスはマラガに5-0で粉砕されたようで…。こりゃCLどころか降格争いしそうな勢いですな…。

 リーガと関係ないけどチェルシーの連勝がストップしたそうで。でも負けたわけじゃないけどね…。