◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« やはりね | トップページ | 混戦のリーガエスパニョーラ »

バイオハザード4プレイ日記[ゲーム]

 『バイオハザード4』をやり始めてからプレイタイムが4時間程になった。やっぱり面白い。凄い緊張感。この手のゲームはセーブポイントが来る度に疲れてしまってそこでプレイを中断してしまうのだが、コレの場合は次から次へと進みたくなる中毒性あり。

 湖に居る化け物との船上での戦いや、その後で登場するデカイ奴(いずれも名前忘れた)等、ボス戦も迫力満点だ。後者のデカイ奴などは、現れただけで「うわ〜…こんな奴と戦うのかよ〜」とビビらされまくり。

 でも、これまでやってきて難易度がむちゃくちゃ高いかと言われれば、確かに簡単ではないが、何とかやっていけてるという感じ。『バイオハザード0』の投げ出したくなるような難しさなんかに比べたらマシだろう。そういう所もいい感じ。

 ただ、中盤に差し掛かり「アシュリー」なる小娘が登場。どうやら今後は、コイツを守りながら動かないといけないらしい。アシュリーの体力も表示されてるし、ただでさえムズいのに、これからそんな所にも気を配らねばならないのか?

 うぜーー!これだと伸び伸びとプレイできないじゃん。『0』の時もやっぱり守るべきパートナーが居て、それが嫌だったんだよなあ。コイツがニュータイプみたいに「後ろに3体、左前方に2体いるわ!」とか敵の位置でも教えてくれれば良いんだけど。