◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« バイエルン対ユベントス | トップページ | バイオハザード4、プレイ直後レビュー »

CL第3節、スペイン勢の結果[海外サッカー(05-06)]

 05-06シーズン、UEFAチャンピオンズリーグ第3節。注目のスペイン勢の結果は以下の通りだった。

 パナシナイコス 0-0 バルセロナ

 リーグ戦が不調でもGLはここ最近無敵状態のバルサだったが、このアウェー戦は勝ち切れず。まあ負けもしなかったのでまだ楽観はできるけど、昨シーズンまでの勢いは無いのが気になるところ。バルサには対チェルシーのスペイン勢としての最強兵器であってほしいのだが。

 レアルマドリー 4-1 ローゼンボリ

 前半はいつも通り、何だか噛み合ず。総合的に見てもユベントスと戦っていたバイエルンを見た後だけに、それ程スペクタクルだったとは言えないだろう。金子が絶賛していたのもよくわからん。ただ、後半バチスタがグティに変わってから良くなった事は確か。バチスタ要らないかも。あとウッドゲイトがゴールを決めたのは大きかったな。

 ビジャレアル 1-1 ベンフィカ

 ビジャレアルはホームで勝ち切れなかったか。ただグループDは大混戦のため、まだまだ可能性は大有り。

 チェルシー 4-0 ベティス

 堅守のチームにこそアスンソンの必殺FKが活きると思っていたが、それどころじゃなかった…。