« 2005年06月 | メイン | 2005年08月 »

2005年07月31日

F1ハンガリーGP決勝:ライコネン10-0アロンソ

 2005年F1ハンガリーGPは久々に面白かった。スタートグリッドが2、4と偶数列で不利とされていたマクラーレン勢がスタート直後Mシューマッハのすぐ後ろに着いたおかげで、先の読めない展開に。またポイントリーダーのアロンソが一周目で他のマシンと接触、ノーズを壊し、下位に落ち込む。

 予選では今年初めて驚異的なタイムでPPを獲得したMシューマッハだったが、やはり決勝ではマクラーレンに及ばず、事実上ピット戦略でモントーヤ、ライコネンに追い抜かれる。

 ライコネンとMシューマッハが3ストップ、モントーヤが2ストップと作戦的にはモントーヤ有利にレースが進む中、モントーヤがトラブルでリタイヤ。またも、またもマクラーレンは信頼性にやられた。

 幸いにしてライコネンが生き残ったので、ポイント争いという意味では面白くなった。アロンソがこのレースどうやらノーポイントになりそうなので、こうなるとトップを走るライコネンが10ポイントをまるごと取り戻す事ができる。

 信頼性に欠けるマクラーレン、ライコネンも最後まで目を離せなかったわけだが、圧倒的なスピードをフィニッシュまで維持し、2位のMシューマッハに大差を着け優勝。

 何度も見せつけられてきたが今年のマクラーレンは圧倒的に速い。しかし信頼性を欠く。皮肉な事にそれが魅力かもしれない。途中まで首位を独走していてもファンはハラハラさせられ、アンチはトラブルを期待できるわけだ。もしマクラーレンのマシンが速さと共に信頼性を兼ね備えていたら、現在ポイントリーダーとして独走していたのはおそらくライコネンだろう。

 ただ、ちょっと信頼性無さ過ぎか…。今回10-0という結果になったとはいえ、未だアロンソとライコネンの差は26もあるのだから…。

 表彰台はライコネンとMシューマッハ、そしてRシューマッハがトヨタに来て初めて登った。でもライコネンはなんでシャンパンファイトしなかったんでしょうね。チームメイトがリタイヤしたから?

 4位以下ポイント獲得者はトゥルーリ、バトン、ハイドフェルド、ウェーバー、サトー。サトーは今シーズンやっとポイントをゲットしました。

2005年07月30日

予備戦なのに好カード…チャンピオンズリーグ予備戦3回戦

 05-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ、予備戦3回戦の抽選が行われました。スペイン勢の期待の星であるビジャレアルとベティスがどこまでやれるか、見てみたいんだけど…。

・エバートン × ビジャレアル
・ベティス × モナコ

 orz...。ちょっと厳しい相手に当ってしまったよなあ。
ただ予備選ってノーシードなんだっけ?だとすればマンUやリバプールあたりと戦う事にならなかっただけでもマシなのか…。
 まあCLの予備戦から好カードが見られるという楽しみが増えた、と好解釈するとしよう。

F1ハンガリーGP予選:不利なグリッドを得てしまったマクラーレン

 2005年F1ハンガリーGPはミハエル・シューマッハが今年初のPP。しかも2番手のモントーヤに約0.9秒もの差を付けてのPPはまるで去年までの敵無しフェラーリをも思い起こさせる。ただ、軽い車でのタイムだとは思うけど。

 偶数列が不利となるハンガリーで2番4番の位置についてしまったマクラーレン、特にライコネンは前にトゥルーリが居る事で、これが決勝スタート後、いつもの様に壁となってしまうとレース運びがきついものになるだろう。ルノー勢が自分達よりも下位グリッドに留まっているとはいえ、そろそろ1、2フィニッシュが欲しいマクラーレンなだけに、どう作戦を立ててくるか。上位のチームがほとんど3ストップと見なされる中、マクラーレンは2ストップでくるのではないか、とも言われている。

2005年07月29日

無題

 時間というものは最大の癒しなのだろう。現実は何も変わっていなくても、自分の中では空の色でさえ柘榴色に変える事もできる。

 その扉が解かれてしまったのなら、もっと堅い鍵をかければいい。ただそれだけの事だ。あなたの道を照らそうとするものに、耳を傾ける必要はない。
 
 それを手にしてしまったら、あなたはあなたで無くなるだろう。あなたがこの世界に存在するという事を、証明してほしい。

2005年07月28日

島田荘司『水晶のピラミッド』

水晶のピラミッド』島田荘司

 「御手洗シリーズ」の5作目。正直、本の半分を過ぎた辺りの、御手洗が登場するまでの前半は忍耐が必要だった。冒頭で事件が起きるのはいいのだが、それからしばらくタイタニックの話やら昔のエジプトの話やら、後の大きな伏線なのだとは分かってはいるものの、これが退屈で退屈でしようが無かった。

 内容としては今までの作品と比べて遥かにスケールが大きく見事な仕上がりに脱帽。御手洗のキャラもここにきてまた奇才ぶりが磨かれている。ただ、もう少し推理小説としてスマートには出来なかったものか。

--
以下、最も不満な所があったので書いておきますがネタばれです。
--

 それは、結局あのエジプトを舞台に物語状に進行していた序盤のアレは一体何だったの?という事。ほとんど関係無かったような気がするのだが…。何で物語っぽく書かれていただのかもよくわからんし、『アイーダ'87』との関連も不明でした。

2005年07月27日

フジテレビの勝ち

東京ヴェルディ 3-0 レアルマドリー(日テレ)
ジュビロ磐田 1-3 レアルマドリー(フジ)

という事でフジの圧勝ですなあ。
つーのはどうでもいいけど。前半はヴェルディ戦に比べてラウールが軸となりボールを動かしていたので良かったと思う。あとグティもフィットしてたなあ。このあたりが決まると点が入る予感がしてくるが、しかしいくらバッドコンディションとはいえこういう試合でショータイムを見せられないマドリーはやはり、仕上がりが良く無いのだろう。

あとロナウド、もうだめぽ。

The Silent Force / WITHIN TEMPTATIONレビュー更新

メタルレビューのコーナーにThe Silent Force / WITHIN TEMPTATIONを更新。

癒される…。いやあ、こんないいもの久々に聴いた…。

2005年07月26日

昨日の偏頭痛その後

 昨日起きた偏頭痛の発作。前代未聞の2連続閃輝暗点でしたが、無事、軽い頭の違和感程度で収まりました…よかった。

 でもどうしてでしょう?耐性がついたのか、何かの対策が功を奏しているか…不明です。

今宵の詩(うた)

"自分の嫌いな存在になる事が成長というのであれば、私は昔のままでいたい"

"好きだった自分の殻を脱ぎ捨ててまで、人は成長するべきだろうか?"

-T オズミル-

2005年07月25日

こりゃ「レアル(笑)」って言われるねえ

東京ヴェルディ 3-0 レアルマドリー

 恒例のマドリージャパンツアー。初日のヴェルディ戦はマドリーの惨敗。試合開始こそ明らかに余裕を見せていたが、結局ゴールを奪う事ができず。

 うーん、ラウールのボールタッチが少なすぎ。最近のシーズンの悪い所が改善されてないような。これが改善されない限り、今年も無冠に終ると思うぞ。あと、そろそろいい加減に世代交代を意識すべし!

閃輝暗点が2回連続で…

 この2、3日は睡眠不足、食欲不振、気持ちの落ち込みと、心の面で体調が最悪に近いコンディションだったので、いつかそろそろ来るだろうと思っていましたが、今日来ました。偏頭痛
 前回は6月30日。そしてほぼ一ヶ月後の今日、また閃輝暗点が現れました。まったく、なぜ偏頭痛の発作というのは定期的なのでしょうか?

 今日は夕方の5時40分頃閃輝暗点が発生。会社は休みで、少し横になって昼寝をしていました。横になっていた身体を起こし、まどろみながら何かの書類を読んでいた所、視界が悪くなり文字が読みづらくなりました。しばらくして閃輝暗点と分かりました。

 毎度の様にリンゲリーズを速攻で服用します。また今回も目薬を点眼しました。

 6時15分を過ぎたあたりで、閃輝暗点は止みました。さあここから頭痛と吐き気がやってくるのか、山場です。この頃、この記事を書くためにパソコンに向かっていました。

 しかし、パソコンの視界がまだ優れないんです。なんと止んだと思っていた閃輝暗点が、再び起きていたのです!こんな事は初めてです。私はパソコンから離れ、さすがに灯りを暗くして横になりました。二度目のそれは6時40分頃、止みました。

 それからは完全に閃輝暗点が止みました。閃輝暗点というのは何らかの原因で脳の血管が縮小して視界に現れる光のギザギザです。このギザギザが消えた後、今度は収縮していた血管が拡張し血流量が増え、冷たい物を食べた時の様に激しい頭痛と吐き気が起きます。

 さて、2度も連続で閃輝暗点が起きたという事は、余程の力で血管が収縮していたのでしょうか…?これから起きる頭痛や吐き気がどれくらいのものになるのか、ちょっと恐ろしいものがあります…。

 ところで、なぜ定期的に偏頭痛の発作は起きるのか。これがあまりにも謎なんですよね。色々ググって調べても、それらしい答えはあまり見当たりません。周期性のある身体の生理現象として、女性の場合は月経というものがありますが、自分は男なのでそれもありませんし。

 定期的に訪れる何か、自分の身体に思い当たる事が出来なければ、外界をあたってみるしかありません。これも思い当たる節があまりないのですが、一応定期の周期で変動するものに月の満ち欠けがあります。こよみのページというサイトがありますが、ここで今日の月の満ち欠けが分かります。今日は半月を少し膨らましたような月、「更待月(月齢18.88度)」という月らしいです。もちろん月の満ち欠けが偏頭痛の発作に関係あるかは全く分かりませんが、一応記載しておく事にします。

 また、定期的に訪れるモノというわけではありませんが、気圧が関係している、という意見もネット上で目にした事があります。何の根拠もありませんが、藁にもすがる思いですから、やはり記載しておきます。日本列島の南側の海上に低気圧が見られますが、私の住む地域には1008と書かれた等高線が乗っています。気圧配置の見方がよく分からないのが残念ですが、何かの役に立てばと思います。

 月の満ち欠けにしろ、気圧にしろ、医学的な根拠もないのにこういう事をブログに書いてアップロードしてしまう事はある意味危険な事だとは分かっていますが、偏頭痛の原因が解明されていない現在、やはり藁をもすがる思いで情報を検索し、自分との共通点を見いだし、何かを感じる事ができる人もいるかもしれませんので、やはり記載しておく事にします。自分としても残しておけば参考になりますし。もちろん、この記事を読んだ人は、根拠が無いものであるというのを念頭にしてくださいね。

 現在は7時13分です。ちょっと頭が重くなってきたみたいですが、まだ痛みはありません。今後どのような経過を辿るか、追って報告します。

2005年07月24日

F1ドイツGP決勝:磐石のルノー・アロンソ

 2005年F1ドイツGPはポイントリーダーのアロンソが優勝。ライコネンがトラブルでリタイヤ、ノーポイントとなった事で、アロンソは今シーズンをほぼ手中に収めた。その差36ポイント…こりゃ最終戦を迎える前に勝負が着いちゃいますな。

 スピードでもマクラーレンには劣りながら2番手はキープ、信頼性でも磐石のルノーがこうして個人タイトルもチームタイトルも現状トップを意地しているのは当然かもしれない。しかしマクラーレンは何よりも他を圧倒するスピードを持っているだけに、信頼性を犠牲にして今の地位にいるというのは皮肉な事でしかないだろう。

 ちなみに最後尾スタートのモントーヤが2位フィニッシュ。続いてバトン。地元GPのMシューマッハは最終ラップ手前でフィジケラに交わされ、5番手となった。

 しかしマクラーレンは本当に速い!!たとえ最後尾スタートでも終ってみれば表彰台に上がっている姿が容易に予想できるわけで。いくら何でもこれでノータイトルだったら、ちょっと痛すぎるのでは?

 でも一番やばいのはサトーだと思うが…。

『バスタード・オンライン』がついに更新!ニュースやスクリーンショット等公開

 『7.20』を過ぎても何事も起きなかった『BASTARD!! online(バスタード・オンライン)』ですが、とうとう更新されていました。開発状況やコメント、更に画面写真等が公開されていました。

 どうやら開発メーカーは「テクモ」のようです。テクモ…テクモかぁ『マイティボンジャック』だっけ、テクモ。(←いつの時代だ…)。

 ですが”『BASTARD!! ONLINE』(PC/AT互換機対応OS日本語版 Microsoft(R)Windows(R)対応)”って

 Macの俺じゃプレーできねえじゃん

2005年07月23日

本棚はつっかえ棒で

 最近、あきらかに地震多いですよねえ、関東地方。今日も震度5ですか。いつか起きると言われている首都直下型の大地震、やはり恐ろしいものです。

 ホームセンター等で売られている防災グッズにある、本棚や食器棚なんかが倒れないように天井の間に固定するつっかえ棒みたいなやつ。アレですが、地震対策関連のTVなんかを見たかぎりだとかなりの効果を発揮するようなので、せめてあれくらいは備えておいた方が良さそうですよね。

 うーん、地震大国。郵政民営化問題よりも地震への対策に全力を注いでほしいなあ。

2005年07月22日

嘲笑

 いつかその日が来るとわかっていた。そうなるまで、事の重さに気付かないでいたなんて、どんなに僕は愚かなのだろう。

 ぽっかりと空いた大きな穴が埋まるまで相当の時間がかかりそうだ。そしてそれが復元されたとしても、永遠にそれは偽物であるという事を知りながら生き続けなければならない。

2005年07月21日

請求50円…

 最近クレジットカードを新しいものにしたのですが、それを使って初めてAmazonで買い物したわけですよ。で、その時の明細書を見てびっくり。なぜかリボルビング払いになってる。しかも高くて5,000円程度の買い物なのに、今月の請求、50円かよ!手数料無駄すぎ!

 これは一体何でだろう、と思って色々調べてみると、どうもAmazonでクレジットカードを使って買い物をすると、たとえそれが「amazon.co.jp」であっても”海外扱い”になるらしいのです。で、自分のカードは海外で買い物をすると自動的にリボ払い(10分割?)になるような仕組みになっていた、というわけで請求も当然リボ払いになっているというのでありんす。

 これじゃAmazonでカードショッピングできんぞ。って事でカード会社のWeb会員登録メニューから、海外での支払い回数を設定しなおした。この作業のためにいちいち会員登録しなくてはいけなかったけど、あるいはこういった手続きがネットで24時間行えるのだから、便利な事なのかもしれないですな。

 …ん?ちょっとまて。今月の請求が50円て、100回払い??んなアホな!さらに謎なのは、請求書をよく見ると同じAmazonの買い物なのに分割されていたり一括で請求されていたり、この違いは何故(?_?)

2005年07月20日

BASTARD(バスタード)オンライン当日…だが?

 さて、本日2005年7月20日(7.20)は『BASTARD!! online(バスタードオンライン)』”始動”の日です。数週間前から公式サイトではカウントダウンのムービーが掲載されておりましたが、いよいよ本日、そのカウントダウンが終了し”始動”されるのです!

しかし…あれ?

 7.20の今日、いざ公式サイトへアクセスしてみると、確かにカウントダウンは終っていました。ですが、画面は「7.20」でストップしたまま、何も起きません。

 もしかしてこれはカレンダーなのでしょうか?明日にはこれが7.21となるのでしょうか。あるいは7.20とは2040年あたりの7月20日を指すのかも。またはどこかに隠しリンクが潜んでいるのでしょうか。

 謎すぎ。

 そもそも『BASTARD!! online』っていうMMORPGはどこのメーカーが作ってるんでしょう?動作環境は?インストールや利用に料金はかかるのでしょうか???せめてこれらの事が公式サイトに書かれていても良いと思うのですが…。某氏の情報では原作者にも一切情報が伝わっていないらしい…。

 23巻末に掲載されている画面写真では3D空間をD.Sがパーティーを組んで戦っている映像が捉えられていましたが、それで見る限りかなりまともっぽかったので、かなーり期待してはいるんですけど。

2005年07月19日

メタルレビュー追加

メタルレビューのコーナーにAnnihilation of the Wicked / NILEを追加しました。

やはり物足りない火曜

 Oさんの抜けた時間にKさんという人が入るようになって2週目、悪くは無いんだけど、やっぱり物足りないなあ。60分のクラスなのに最後の10分は床でストレッチだしさあ。もっともハイインパクトのプログラムがなぜローインパクトに変わったのかがすでに疑問なのだが。Kさんもハイインパクトできるでしょ?

 Oさん早いとこ膝治して復帰きぼんぬ!

2005年07月18日

ビエラがユベントスへ移籍

 ワールドユースもコンフェデ杯もほとんど見なかったので6月以降サッカーネタから離れていましたが、ふとuefa.comを見たらアーセナルのビエラ移籍の情報があってびっくり。
 昨年の移籍市場でマドリーへ行く行かないとかなり騒がれていましたが、今回はあっさり(?)ユベントスへ移籍…うーん、ユベントスかあ。ちなみに移籍金は2,000万ユーロ(約27億円)だって。

 アーセナルはディフェンシブハーフをどうすんのかな?セスクとか良い選手だがまだ十代だぜ?層が薄くなった事は確か。というかやばすぎじゃん。

 あとミランのトマソンがシュツットガルトへ移籍だと。うーん、ドイツかぁ。あんまり見ないなブンデスリーガ…。

責任

 親なのであれば、そこのクソうるさいクソガキを黙らせろ。人の親になるという事は、そういう責任を持つという事だ。

2005年07月17日

活性酸素は冤罪?「老化に関与していなかった」

老化に活性酸素関与せず 日米チーム、従来の説否定

 非常に興味深い記事です。現時点で「活性酸素」をググると、たちまち「老化の原因」とうたわれ避難されている事がわかります。
 ここまで科学や化学が進歩した世の中での最新の説も、その実態は天動説を一生懸命唱えている可能性があるという事ですね。

 私なんかは信じられるのは己のみという哲学に行き着くわけですが。我思う故に我あり。…ん、それすらも怪しい?

OPETH4枚更新

 メタルレビューのコーナーにOPETHの3rd〜7thまでのレビューをエントリーしました。果たして次の更新はいつになる事やら…。

2005年07月16日

夏の目覚め

 今日はいつもより2時間も早起きした。出社まで随分と時間があったが二度寝をする睡眠欲もすでに消えており、いわゆる「快眠」を得られたような気分だった。まだ隣近所に生活の息吹が芽生えていない程の早朝に窓を開け空気を入れ替え、不馴れな"すがすがしい朝"とやらを体験してしまった。
 でもなぜだろう、昨夜は熱帯夜で、寝苦しかった。とても快眠できるような環境ではないようなのだが、冬よりも夏の方が朝の目覚めが良い気がする。
 色々ググって調べてみたところ、そうれはどうも体温に関連があるようだ。夏は厚さで体温が上昇しやすい。目覚めの際に体温が上昇していると、交感神経が刺激されパッチリと目が覚める…という事らしい。
 つまり、逆に考えると冬も目覚める頃に汗をかくくらい室内温度が上昇していると、心地よい目覚めを得られる事になるのかもしれない。冬になったらタイマーで暖房をセットしておいて、朝部屋を暖かくしてみよう。

2005年07月15日

IRの健康を案ずる

 Oさんに続いてSさんも休業ですか…。残念な事です。こちらは体調不良につき一ヶ月の休業ですと。
 思うに、1日2本もやれば十分なスタジオプログラムをインストラクターは4、5本もやってるんだから、そりゃ身体に悪いでしょう…。アクアプログラムでは喉もやられてるようですし。
 エアロのIRっていうのは皆が憧れる健康な身体のお手本みたいなものでありながら、実は大食いを売りとした巨漢お笑いタレント並に自分の身体に負担をかけているのではないか、といつも危惧してしまう。
 OさんやSさんに劣らずの人気IRでいらっしゃるAさんを始め多くのIRの皆さん、どうかお大事になさってください。

2005年07月14日

オールドボーイ

 突然15年という間、理由もわからず監禁され続けた男。男はなぜ監禁されたのか。目の前に現れた謎の少女と共に空白の15年に込められた真実を探し求める…。

 日本発、韓国作という映画『オールドボーイ』見ました。韓国や香港の映画っていうのは日本のそれと比べて動きがあっていいですねえ…って、私はそんな事言える程映画見てませんが…。少し前に見た『インファナル・アフェア』もかなり面白かったですが、こちらもなかなかでした。

 主人公の人。最初は酔っ払いの中年のおっちゃんだったのが、15年後はMr.マリックみたいになってるからびっくりです。これが同一人物かよ!?と思えるくらい。話のネタよりもこれが一番驚愕でした。

 ストーリーはそうですね…家族で見るもんじゃないですな(w。

2005年07月13日

腹式呼吸って

 息を吸い込む時に腹が膨らみ、吐く時に腹がへっこむ『腹式呼吸』。

 この、健康面で非常に良いとされている(らしい)「腹式呼吸」ですが、私は物心付いた時から自然にやっています。むしろ、胸を動かして呼吸をしろ、と言われた方がしんどいです。ですから、「腹式呼吸をマスターしたい!」なんていう意見を聞くと、その苦労を理解しかねるのです。

 ただし、この呼吸を生まれついて行っているからといって特別健康とは思いません。腹式呼吸を行うとリラックスできるなどと言われていますが、なんせ毎日毎晩行っている事なので、リラックスしている事もあるでしょうし興奮しまくっている時もあります。また、肺活量を計ると2800mlなどと、かなり低い数値を叩き出します(成人男性の平均は3000〜4000mlといわれています)。腹式呼吸を行っていると肺活量も鍛えられると申しますよねえ…?
 一応、大きな声を出す時なんかは、自然と腹に力を込めて凹ます事になるので、大声を出し易いです。そういう時は効果がでているようです。

 なぜ私は自然と呼吸が腹式になっているのでしょうか。私は不幸にして胴が長いで、腹式呼吸の方が胸での呼吸よりも楽になり、自然とそうなっているのではないか、何だかそんな気がします。良い事なのやら、悪い事のやら…。

 ちなみに、うちの親も揃って自然と腹式呼吸ができているようです。腹式呼吸っていうのは実は多くの人が自然にやっている事なんでしょうか?どうも健康関連のTV番組やネット上などでは腹式呼吸のやり方を紹介する場面がやたら多いのでそうは思えないのですが…。

2005年07月12日

島田荘司『暗闇坂の人喰いの木』

暗闇坂の人喰いの木』島田荘司

 御手洗シリーズ長編4作目『暗闇坂の人喰いの木』は様々な謎が時を越え場所を越え点在しています。本来"謎"が好きな自分なら、こりゃたまらない…となるはずなんですが、何だろう。いまいちのめり込めず。相変わらず御手洗は面白いキャラでそれを描写する石岡も面白いんですけど。

 読んでいて「この謎は一体どういう事なんだろう、どういう結末を迎えるのだろう」という探求欲があまり湧かなかった。600項強とけっこうブ厚いので、退屈ささえ感じてしまった。せめて"巨人の家の謎"が図入りで冒頭に差し込んであれば、もっとシンキング・タイムを楽しめたかも。

 でも何だか解決されてない謎も多く残っているように思えるのですが気のせいでしょうか…?ただ、それももはや、読み終えてしまった今どうでもいいやとさえ思ってしまっていますが。

 今後はしばらく海外を舞台にした御手洗シリーズが続くようで、こんな感じにならないかちょっと心配です。

 ただ探偵役としてこれ程のキャラはあまりお目にかかれない御手洗シリーズ、どんどん先に進みたいので、次は順当に『水晶のピラミッド』を読む予定です。

橋本死す

 今では見なくなったプロレスですが、高校の頃はピークでしたよ。いや主に見ていたのは全日の方でしたが、新日もたまに見てましたよ。
 あの頃、新日は土曜日の夕方でしたっけ?TV放送(関東の話ですが)。全日の福沢アナが決まり言葉「ジャストミート!」で少なからず話題になりましたが、それに対し新日の辻アナは「ヒャッホー!!」とかよく叫んでました。しかしながらこちらはあまり話題になりませんでしたね。
 当時クラスメイトにDDTとかかけて遊んだりもしてましたよ。そういう意味では感慨深いものは多少なりともあるものです。40歳ですか。まだまだ若いですよね。

2005年07月11日

待ってました!!『デビルサマナー』の続編

 うおー!!待ってました、『真女神転生』シリーズ最新作。しかも『デビルサマナー』シリーズですよ!その名も『デビルサマナー 葛葉ライドウ

 まだ情報は少ないけど、画面写真を見る限りでは「仲魔」は存在するようで良かった。またプレスターンバトルも採用されてないみたい。

 こりゃ当然ながらアバタールチューナーよりは期待しちゃっていいんじゃないかいな?

キラー7(Killer7):クリア後のレビュー

●全てが斬新なゲーム界の異端

 『キラー7(Killer7)』をクリア。ゲームを最後までやり通しての差し障りの無い感想としては、やはり「斬新」の一言。

 今までに無い移動システム、イカれすぎている登場人物、オシャレなBGM、またそれに留まらず効果音でさえキレがありクール。そして良く分からんが何やら世界の存亡がかかっているかのような サスペンシーなシナリオ。

 『バイオハザード』の大ヒット以降、3Dアクション・アドベンチャーゲームは沢山登場しましたが、『キラー7』はそんなアクション・アドベンチャーというジャンルの外壁をブチ壊し、その間取りを広げる事に成功した意欲(異色?)作と呼ばざるを得ないでしょう。「ありふれたジャンルでも、見せ方次第でまったく新しいゲームになるんですよ」とでも言わんばかりだ。

---以下ネタバレあり---
---以下ネタバレあり---

---以下ネタバレあり---
---以下ネタバレあり---

●キャラが個性的極まる
 全てが斬新な『キラー7』ですが、やはり何と言っても一番ブッ飛んでいるのは個性ありすぎるキャラでしょう。
 主にゲームのシステムを説明し、謎解き付近ではヒントを与える「イワザル」。各地でゲームのシナリオに関わるコメントを発し、時にはヒントをもっている「トラヴィス」。失われたアイテム「指輪」を口に加え絵文字好きな首だけの少女「スージー(ひきこもり?)」。ボス戦の前でボスの弱点のヒントをくれる「少年(名前ナニ?)。仕掛けがある場所の近くにいてそれを解くヒントをくれる「ユーン」。セーブポイントではメイドの格好をしているがそれ以外はアル中だかヤク中だか分からん女の格好をしている「サマンサ」などなど…

 ゲームシステムの説明、ゲームやボスの攻略のヒント、セーブポイント等、最近はどんなゲームにも加わっている当たり前なシステムですが、それが『キラー7』ではこんなに個性豊かなものに。

●ゲームとしてもまあまあ
 グラスホッパーの前作『花と太陽と雨と』もブッ飛んでいましたが、アレはゲームとして破綻しすぎていました。この『キラー7』でも斬新な世界観こそに期待をしていたものの、ゲームとしてはそれ程期待していませんでした。ですが、謎解きも慣れてしまえば適度なもので(難易度が"敢闘"の場合だけど)、向かってくる敵キャラも個性のある動きをしていましたから、ゲームとしてもちゃんとしていたんではないでしょうか。ただ、弱点の分かりづらい敵や一撃もらっただけで即死なイベントには「・・・」でしたが。

●アニメーションムービーいらない!
 途中で挿入される下手な2Dアニメーションムービーはいただけません。このゲームのイメージ台無し。どうせ2Dアニメにするならコテコテのアメコミ風にでもしてほしかった。特に目立ったマイナス点は感じませんでしたが、ここだけは大きな「×」です。

●『Killer8』と来ましたか
 最終章をクリアしエンディングを見た後隠しシナリオが登場。されにそれをクリアすると真エンディング(?)が見られますが、さらにまたその後にタイトルが『Killer8』に(w)!どうやら隠しキャラ、ハーマン・スミスを使えるようになっているみたいです。

●ゲーム界の深海魚
 このゲームは面白いかどうか、と問われれば面白かったです。ハイ。イワザル風に言えばオモロイです。私はその辺に転がっている石ころを集めるよりも、海の中に眠る真珠を手にしたが断然価値観を感じます。…という言い方は語弊がありますね。その辺の浅瀬に泳いでいる見なれた魚よりも、海の底に眠る図鑑でも見られない深海魚の方が趣がある、とでも言えば良いでしょうか。

 でも世の中深海魚なんて見たがる人はそうはいません。残念ながら『キラー7』は売れないでしょう。ですが、私はグラスホッパーの次回作を期待して止みません。

2005年07月10日

F1イギリスGP決勝:見応えのある接戦を制したモントーヤ

 2005年F1イギリスGP、ここでもサトーは0ポイント…。というのは置いときまして。
 
 スタートに定評のあるルノーだっただけに、レース開始からPPのアロンソが快調にトップをキープ、3番手スタートのモントーヤは2番手バトンの前に出られればいいな…なーんて期待していたのですが、なんとモントーヤがスタートでアロンソの前に出てくれました。

 この後モントーヤとアロンソは接戦を繰り広げ常にピットストップのタイミングで食うか食われるかの争い。結局アロンソは2回のストップ共に入るタイミングをモントーヤよりも遅らせる事ができたが、それでもモントーヤを交わす事ができず、モントーヤが今シーズン、マクラーレンで初優勝を飾った。

 アロンソとチャンピオンシップを争うライコネン。エンジン交換でスタートグリッド降格、12番手スタートながら、3位表彰台に上がるなど傷口を最小限には押さえた。

 今回マクラーレンは1,3フィニッシュで16ポイントを獲得。ルノーは2,4フィニッシュで13ポイントを獲得。マクラーレンはルノーとの差を3ポイント縮めた。…しかし多くのチームが「このサーキットでマクラーレンには太刀打ちしかねる」と言っていたイギリスGPで、ポイントを3しか縮められなかったのは痛い。

 ぶっちゃけ今年のワールドチャンピオンはアロンソでほぼ決まりだろう。もちろん昨今のフェラーリ・シューマッハの独走を止めてくれたのだから心から拍手を送りたいが(というかフェラーリ・ブリジストンが勝手に墜ちてしまっただけだが)、欲を言えば最終戦までチャンピオンシップの争いを決定付け無いで欲しいところ。

 ちなみに4位フィジケラ以下バトン、Mシューマッハ、バリチェロ、Rシューマッハという順でポイント圏内。

2005年07月09日

F1イギリスGP予選:フランスと同様の決勝レースとなる予感大

 前回から一週間後の今日行われた2005年シーズンF1イギリスGPの予選。PPにはルノーのアロンソ。また、重く積んでいるであろうと予想されながらも驚異的な速さを見せつけたライコネンが2番手。しかしながらライコネンはエンジンをすでに交換しているため、フランスGPに続き今回もレースでは10ポジションダウンでのスタートとなる。

 そうなると予選3番手につけたバトンが決勝では2番手スタートとなり、スタートからアロンソが突出、バトンが3位以下を押さえてしまうという、フランスGPとまったく似たよ様なレースが予想できてしまう。スタートでバトンのすぐ後ろ、4番手のモントーヤがバトンの前に出られるかどうかが鍵となりそうだ。マクラーレンはこの本拠地イギリスGPでルノー勢よりもポイントを稼げない場合、今年のGPはほぼアロンソとルノーのものになってしまうのではないだろうか。

 それでもライコネンがアロンソの前でフィニッシュするのは難しいだろうな。アロンソがリタイヤでもしてくれれば別だが、信頼性を考えると、逆の結果になる気配の方が強い。

2005年07月08日

『MONSTER』が実写映画化されるそうですが

 浦沢直樹の漫画『MONSTER』がハリウッドで実写映画化されるという事ですが、どうなんでしょうかね。テンマの苦悩は2時間やそこらで語り尽くせるとは思えませんし、何よりヨハンというサイコメトリックな人物を映画で描ききる事ができるでしょうか。
 あの、読者の脳裏に残像を残す独特な各エピソードの締めくくり方は浦沢直樹ならではのものであるとも思いますし、漫画ならではであるとも思います。そういったものをこの映画のスタッフがどういった風に表現するのか、という意味で興味はありますけども。
 また、恋愛模様などはほとんど見られない『MONSTER』ですが、なんでも最後はラブストーリーにしてしまえば良い(もしくはしなければならない)と思って作られているハリウッド映画。…心配です。

なぜだ

なぜそんなものを見せる。
俺になんの恨みがあるというのか。
もうやめてくれ。こんなもの二度と見せないでくれ。

2005年07月07日

プールのエクササイズ:水中ウォーキングの勧め

 今日は久々にプールエリアへ足を運んだ。前回自分がプールへ行ったのは4月17日らしい。こういう時ブログって役に立つな。

 およそ2ヶ月半ぶりに来るも、大体居るメンバーは前とほぼ同じ…。そう、結局続く人は続く、続かない人は続かない。プールエリアもジムエリアも、フィットネスクラブというのはそういう所だ。

 水中では水の抵抗を利用して、自分の身体に無理の無い負荷で、様々なトレーニングが可能。ただ、スイムはある程度フォームが整っていないと身体の筋力バランスを崩しかねない上、それは一般に思われているよりも難易度の高い事なので、私は誰でも簡単に長時間続けられる水中ウォーキングをお勧めする。

 ただ大股でバランスを保ちながらく真っ直ぐ歩こうとするだけでも、フラフラする身体を保つ動作それだけで深層筋が鍛えられるだろう。横に歩けば中臀筋を鍛えられるし、カカト歩きを50m程行えば前頸骨筋(スネの筋肉)がかなり痛くなるはず。そんな感じで、ジムエリアにあるマシンではなかなか鍛える事ができない部位にも簡単に負荷を加える事ができる。

 片足で後ろへジャンプして進み、大腿筋の筋力アップ。これを陸の上でやろうものなら、膝に負担がかかってしょうがない。そう、水の浮力は膝などの関節にも優しいのだ。

 そんなメリットが沢山あるプールだが、危険も伴う。身体を温めずに水の中にいきなり入ると急激に体温を奪われ、心臓に負担がかかる。運動開始前の準備を怠って激しく動こうとしてはいけない。さらに入水した後もゆっくりとウォーミングアップから入り、身体を温め、最後にはまたゆっくりとクールダウンをとる事が重要である。

 また、普段の生活では使用されない筋肉を多々利用するために、ストレッチが足りないと"つる"事も多い。泳いでいる最中にでも足がつり、突然気管に水が入りゲホゲホしてしまう事を想像すればどれだけデンジャーなのかがおわかりだろう。特にふくらはぎの筋肉は水中でつる事が多いので、念入りに伸ばしておきたい。

 ウォーキング最中に自分や他人の起こした水飛沫などが目に入ると、目にも悪い。運動後目に異常がある場合は適切な眼科医のもと、適切な薬を処方されたし。

 これは特に自分の場合だが、スイムキャップで頭が圧迫され、ひどい時には頭痛が置き、運動後に吐き気もする。泳ぐ場合はゴーグルをするので、長時間泳ぐとゴーグルの跡で目の周りがおかしな事にもなる。

 そしてトレーニングといっても、水の中では6RM(6回反復できるのがやっと)というような高い負荷をかけようと思ってもさすがに難しい。この場合は当然の事ながら、ジムのマシンやフリーウェイトのトレーニングには劣る。水の抵抗を受け易くするようなグローブのようなアイテムもあるが、それでも水中のトレーニングはあくまでもインナーマッスル(身体の内部の小さい筋肉)を鍛えるものだと理解しよう。

 以上の通り、プールにおけるエクササイズにはメリットもデメリットもあるが、ジムのマシンやスタジオでは味わえない特異な爽快感があるので、たまには行ってみるのも良いかもしれない。

2005年07月06日

無題

 あまりにも短い一瞬。この時だけ鏡の世界を抜け出し、地に片足を付ける事ができる。しかしまだそこに質量は無い。
 それ以外はあるいは出鱈目で、どうでもいい。目を閉じて書いた落書きだ。魂というやつがあるとすれば、そこには存在しない。ああ、蓋をしてしまえればいいのに!
 無である頃にゆらぎはなかったろう。「誕生」するとはこういう事か。自ら穏やかな水面に波紋を立てる。その波がどういう形を作り、どこに辿り着こうとしているのか、またそこに意味があるのかどうかすら、今は分からない。

2005年07月05日

やはり物足りない

 やはりOさんの抜けた穴は大きいな。あれくらいレパートリーの多いインストラクターはそうは居まい。Oさんが復帰するまで、しばらく物足りない火曜日になりそうだ。そもそも復帰すんのかなぁ?

 

2005年07月04日

ウォーキング

 今日は何も書く事がありません。何も書く事が無い時はエクササイズ日記です。これは毎日やってるんで、ネタに困りません。

 月曜は通っているフィットネスクラブが休館日(こういう所月曜休館日って多いですねえ)なので、外をウォーキングです。田舎なんで景色も同じ様な所ばかりで、退屈です。

 この時期のウォーキングはイヤです。何故かって虫ですよ虫。小さい虫が顔面を直撃する事しばしば、蚊に刺される事もあり、おまけにクモの巣にひっかかったりするなど最悪です。

 当然夏なんで、外は暑いわけです。やはりこれも最悪です。歩くだけで蒸し暑いですが、少しでもジョグを加えようものなら、もう汗だくです。汗をかけば痩せると思っている人は少なくなったとは思いますが、要するに水分が失われているわけです。脱水です。最悪です。汗を拭くタオルも必須です。

 唯一夏は軽装で外へ出られるという利点があるようにも感じますが、真冬だとしてもウォーキングが目的ならそれ程厚着もしませんし、やはり夏はダメです。デメリットの塊ですね。

 そんなわけで夏は屋外でのエクササイズをやりたくないのですが、かといって家の中で行うエクササイズもたかが知れてます。どこか近くに月曜でも開いているジム施設があれば良いんですが。

2005年07月03日

F1フランスGP決勝:プロストが表彰台

 2005年F1フランスGPはアロンソがPPからトップを維持したままフィニッシュ。4位以下をラップダウンにする「完勝」。

 エンジンを交換したため予選順位を10番手降格処分されたライコネン、13番手スタートながら2位フィニッシュ。他より燃料を積んでのレースだったが、それを忘れさせる速さを見せていた。

 フェラーリはレース前こそ不気味な存在だったが、終って見ればシューマッハが3位を獲得するのがやっと。あわやアロンソに周回遅れにされそうな程で、今年のフェラーリのポテンシャルの限界を伺い知れた。

 以下、バトン、トゥルーリ、フィジケラ、ラルフ、ヴィルヌーブという順。サトーは予選で好調ぶりを見せていたが決勝では上手くレースを運ぶ事ができず11位。またもノーポイント。今の所全ドライバーで唯一のノーポイントで、最下位である…。

 ライコネンが13番手スタートながら2位フィニッシュした事で、また燃料を積んだ重いマシンで居ながら一時的にアロンソよりも速く走っていた事でも、改めて今シーズンのマクラーレンがスピードに関してはモンスターマシンだという裏付けが出来た。ただ、フランスGPでもそうだったが、モントーヤと2台揃ってポイントを稼げないため、ここに至ってもコンストラクターズでルノー勢に水を開けられている形になっている。もしマクラーレンがマシンの信頼性を今より強化できればシーズン終了後にルノーを逆転する事も十分あり得るだろう。

 次回は一週間後にイギリスGPが控えている。マクラーレンの1、2フィニッシュに期待。

 そうそう、アラン・プロストが勝利者へのプレゼンテーターとして表彰台に登っていました。

2005年07月02日

F1フランスGP予選:アロンソがPP、ライコネンは降格で13番スタート

 2005年F1フランスGPはポイントリーダーのアロンソがPP。以下トゥルーリ、ライコネンと続くが、チャンピオンシップでアロンソとポイント争いをしているライコネンは初日にエンジンを交換したため、グリッドは10降格、13番手となる。それでも燃料を積んでいると予想されるこの予選でも速いタイムを刻み、決勝に見込みを残す。でもアロンソとライコネンのスタート位置が逆だったら面白かったんだけどな。

 フェラーリ勢はシューマッハが4番手、バリチェロが6番手と不気味な存在。前回のアメルカGPで一気にポイントで差を詰めてきてしまっているだけに、もしやここから復調するのでは、と危惧される。せっかく久々にフェラーリの存在が薄いシーズンになっているのだから、このまま眠っていてください…。

 サトーが好調。燃料が軽いのかもしれないが、それでも5番手を獲得。ライコネンが降格するので、2列目スタートとなる。

 しかしモントーヤはどうしてこんなにダメダメなのか。マクラーレンのマシンの仕上がりはライコネンのタイムを見る限り、素晴らしいの一言。おそらく今シーズンの最強マシンだろう。なのにどうしてモントーヤのタイムが伸びないのか…。序盤に失墜しチャンピオンシップ争いの船出に乗り遅れてしまった事で、モントーヤのモチベーションがかなり下がっているとは思うが、それにしても…。

2005年07月01日

初心者向けヨガに参加

 時間が空いていたのでフィットネスクラブのヨガプログラムに参加しました。ヨガといってもビヨンドヨガというやつで、色々なポーズを紹介する初心者向けのヨガ。その中では"セラバンド"と呼ばれる伸縮性のあるテープを利用してのポーズなんかもレクチャーされます。

 確かにヨガのポーズを保つのは厳しいものです。これひとつでストレッチの効果と深層筋を鍛える効果、二つのメリットがあると思いました。これを完璧に近い形で習得したら、肉体改造(痩せるというだけの一元的な問題でなく)に絶大な効果があるでしょう。ヨガの各ポーズを保つには相当な筋持久力とバランス力が必要だと思います。

 ただ、その効果を十分に得るには、かなり長時間、各ポーズを保つ必要があるように思われます(自分がやった感じでは3分以上かな?)。このプログラムに参加しただけでは時間も短く、はっきり言って十分な効果は得られないでしょう。スタジオで行われるのは、あくまでもヨガを紹介するプログラムというわけですね(まぁ参加しているほとんどの人はそうは思ってないでしょうが…)。

 個人的には時間の余っている時には参加してもいいかなあ。でもこれに参加するんだったらソフトジムを使ったトレーニングや、通常のストレッチをやっていた方がいいかも。