◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« デンマーク戦ライブ放送キター | トップページ | ドイツW杯予選、フランス勝てず »

アバタールチューナー2:クリア後のレビュー[ゲーム]

デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2をクリアしますた。
以下、ネタバレありの感想です。

●ストーリー
ストーリーはけっこう良かったんじゃないでしょうか。壮大と言って良いかも。もしこのゲームが「1」と「2」で分割されているものでなければ、けっこう名作になっていたかもしれません。それだけに、「1」の続きをレベル1から再度やり直さなくてはならないのは、やはりマイナスポイントです。

●スキル育成が作業的
スキルだって新しいものも出てきますが、有用なものはほとんど「1」と被りますから、スキル育成が作業的なものとなり、新しい技を覚えるというワクワク感が薄れてしまっています。ただ、隠れたマントラの周囲を囲むと、その隠れたマントラが出現する、ってシステムは面白かったと思いますが。

ゲームとして楽しめたかどうか、と言えば、最後の方は完全に飽きていました。先の展開が気になるものの、やっぱり新しいダンジョンを攻略する度に無駄なレベル上げ、というかスキル獲得の時間に多くを裂かれ、先になかなか進めません。

●パーティー離脱が痛い
このスキル育成の時間に費やす時間が長いというのは「1」の頃からそうでしたが、今回の「2」では更に顕著でした。
というのも、途中でロアルドが、アルジラが、と次々にパーティーメンバーが離脱し、それまでそいつらを中心に育てていたものですから、そうなる度に他のメンバーを育成しなおしです。これがとても痛かった(主人公までも途中で離脱するし…)。逆にスキルを育てないで先に進めばボス戦で詰まってしまうのは必至ですからね。雑魚キャラも格段に強くなるし…。

もちろん、ストーリーの起伏が突くという意味では、パーティーが離脱したりする事は全然オッケーなんですけどね。

●プレスターンバトルはもういい
「真女神転生3」から採用されているシステム"プレスターンバトル"なんですが、確かに弱点を突く・突かれるで大きく戦況が変わるこのシステムによって、手に汗にぎるバトルを味わう事ができるももの、もうこのシステムやめてほしいです。

結局ボス戦では、当然戦う前からそのボスの弱点や攻撃方法は分からないわけで、そうなるとセットするスキルはヤマカンでセットする事になります。そしてそのヤマカンが外れればどうしても苦戦し、全滅すれば再度そのボスの特徴に合ったスキルをセットして挑む、というのがパターン化されてしまいます。

確かにパーティーは5人居るわけですから、どんなボス戦にも対応できるように5人にバランスよくスキルをセットし、適宜メンバーを入れ替えればいいんでしょうが、そうなると今度は5人を均等にスキル育成しなければならず、これはこれでかなり時間と手間がかかるでしょう。

●スキルのセッティングが保存可能であれば…
"ハントスキル全般""先制エキスパンダ""逃走アクセラ""チャクラウォーカ"等、ボス戦では無駄なスキルはボス戦が来る度に入れ替えなければなりませんから、とにかくこれも面倒です。色んなセッティングを数パターン保存できるようなシステムが是非とも欲しかったです。

●疲れました…
うーん、クリアはしましたが、疲れました…。隠しボスなんかも、探す気はおきません…。

●でも、惜しいとは思う
でもほんと、「1」と「2」が1つの作品として出ていれば、かなり評価も変わってきたんですけどねえ、残念でなりません。