« 2005年02月 | メイン | 2005年04月 »

2005年03月31日

デンマーク終る…

ウクライナ1-0デンマーク






おわった。

2005年03月30日

地上デジタル放送、世間の認識(?)

うちの会社のスタッフAとBの会話。

A「今度から、薄いテレビじゃないと、テレビって見れなくなるんでしょ?いつから?」
B「多分、今年いっぱいまで

…これっておそらく、地上波テレビのアナログ放送が廃止され、今後デジタル放送に移行していくって事を、知り合いの知り合いにでも聞いて話題にしているんだろうとは思うんだが、その歪曲された事実の認識たるに、都市伝説並。これが世間の、地上波デジタル放送への認識なのか?

薄いテレビだってチューナーが付いてなきゃデジタル放送は見られないし、厚いテレビだって、チューナーさえあればデジタル放送は写る。
それに"今年いっぱいまで"っていうのはなんだ。それだとおまいらの家のテレビも今年で見られなくなるんじゃないのか?いいのかそれで。

と、突っ込みを入れる気力もない。俺だってそんなにデジタルな人間でもないし、そういう事に特別詳しくも無いけど、あんまりだ。

いや、これが世間の認識ってわけじゃなく、うちの会社が特異なだけなんだな、きっと…。

2005年03月29日

ソフトジムを予約

今日は通っているスポーツクラブで『ソフトジム』を予約。

『ソフトジム』とは、直径25cmくらいの、ふにゃふにゃした見た目の貧弱さとは裏腹に耐重量が200kgもあるエクササイズボールだ。

これに脚を乗せたり、尻を乗せたりして運動する事で、身体のコアマッスル(=深層筋群)を鍛える事ができる。→参照www.geocities.co.jp/HeartLand/3522/koatorekisohen.htm

よく、腹に力を入れっ放しにするとプルプル震えたりするが、あのプルプルした状態こそコアマッスルが働いている状態だ。コアマッスルを鍛えると、バランス感覚が良くなったり、身体の故障を防いだりする効果がある。主にトレーニングジムなどにあるマシンでは、ビッグマッスルとよばれる大きな筋肉しか鍛えられないので、コアマッスルを鍛えるのにはこういったボールを使うトレーニングが効果的である。

しかしこの『ソフトジム』。なんか人気爆発しているらしく、スポクラのショップに在庫がない。ネットの通販で売っている所も少しあったが、定価が800円くらいなのに送料が600円くらい取られてしまうのはあまりにいただけない、という事で、結局スポクラで予約した。

なんでも4月にならないと入荷しないらしい。これ実際にスポクラでは何度も使った事ありますが、確かにめちゃくちゃ効きます!!まじでおすすめ!!

爆笑迷惑メール問題:『愛凛学園 3年女子の皆さんへ』

ぶははは。
これまで「今週の迷惑メール」として毎週来た迷惑メールを晒してたんですが、あまりの量の多さに晒すのも億劫になっていたところ、強烈な迷惑メールが来ました。こりゃ笑わせてもらったよ。

----ここから----
件名:愛凛学園 3年女子の皆さんへ
差出人:愛凛学園 保健科

内容:愛凛学園3年女子の皆さんへ連絡です。

先日予定しておりました。
身体検査の日程が変更になりました。

--------------持ち物--------------
○汚れても良いパンツ
○生理用品
○体操服
----------------------------------

※尚、生理中の方は事前に申し上げてください。

詳しい、日程・場所については以下のURLより確認してください。
http://(たぶん何かの宣伝)

愛凛学園 保健科 山口より


間違えて届いてしまった場合はお手数ですが、
以下のURLからご連絡お願い申し上げます。
http://(たぶん何かの宣伝)
----ここまで----

まあ、笑わせてもらったけど、所詮迷惑メールに優劣も無いんで。ただうざいだけ。

とっとと消えろや。

2005年03月28日

眼圧検査を行う

先月に起きた眼の異常が心配だったので悩んだ末、眼科へ行く。

待ち時間も考えてかなりの時間を費やすだろうと、暇つぶしのためポケットに文庫本を忍ばせていったものの、トータルで30分弱で終ってしまった。行った時間帯(午後3時)も良かったのかもしれない。

●医師の反応は薄い
医師に症状を伝えるのだが、反応が薄い。眼底検査をやるつもりで気持ちを構えて挑んだのだが、「それ程のもんじゃないっしょ」みたいな雰囲気だった。

●眼底検査はせず
結局のところ車で来た事を告げてしまったので、どちらにせよ眼底検査は出来なかったが。というのも眼底検査を行うためには、瞳孔の開く目薬を注すため、その後数時間は光に過敏になってしまう事から、車の運転が厳しくなるそうだ。

もっとも、そういった事はすでに下調べが付いていたので、その際に「歩いてきた」とうそぶいても良かったのだが、心のどこかで眼底検査に対する畏怖があったのと(眼底検査をする時には非常に眩い光を眼に当てられるそうなのだが、それによって偏頭痛の発作が現れるかもしれないと思ったからだ)、医師の「それ程のもんじゃないっしょ」的な雰囲気から、やらなくても心配のある病気じゃなさそう、という思いがあったので、半ば眼底検査を避けるように、車で来た事を告げてしまった。

●眼圧検査を行う

眼底検査はやらなかったが、"眼圧検査"なるものを行った。これは眼に3回程空気を放ち、それによって眼がどうへっこむかで、眼の圧力を検査するというもの。全く痛くはないが、空気が放たれる度、身体がビクッ!となる。

●眼圧は高めらしい

ググってみると眼圧の正常値は大体10〜20mmHg、らしい。これが21以上になると高眼圧とされ、自分の場合は19〜20mmHgだったので、まあ高い方といえよう。

●キサラタンとティアバランスを処方される
これによって頭痛や疲労等の症状が現れ、目のチラツキも出てくる、という事で眼圧を下げる目薬(キサラタン)を処方された。また、ドライアイの可能性もあるという事で、角膜を保護する目薬も処方された(ティアバランス。

自分でもドライアイではないかと思っていたが、眼圧が高いというのはノーマークだった。もしかしたらこれを下げる事で偏頭痛の発作が減るかもしれない。さっそく今日、寝る前にキサラタンを試してみて明日の身体の調子をみてみよう。

2005年03月27日

ドイツW杯予選、フランス勝てず

2006年のドイツW杯予選が各地で行われた。

●デンマーク3-0カザフスタン
とりあえず次のウクライナ戦へ弾みとなれば。

●ルーマニア0-2オランダ
オランダ、首位争いを制す。アウェーで勝ち点3。かなり予選突破に近付いた。

●フランス0-0スイス
フランス!ホームで勝ち点奪えず。アイルランド、イスラエルと勝ち点で並ぶ接戦。次のイスラエル戦は見物。

●チェコ4-3フィンランド
チェコ、激戦を制したもよう。オランダと激しい首位争い。

その他の試合結果はuefa.comで。

◎決戦のXデー
3月30日はデンマークがウクライナと(Jスポーツで生放送)、スペインがセルビア・モンテネグロと(BS1で4/1録画放送)共にアウェーで戦う。この首位争いの直接対決に勝たないと両チーム厳しいだけに、なんとしても勝ってほしい。

アバタールチューナー2:クリア後のレビュー

デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2をクリアしますた。
以下、ネタバレありの感想です。

●ストーリー
ストーリーはけっこう良かったんじゃないでしょうか。壮大と言って良いかも。もしこのゲームが「1」と「2」で分割されているものでなければ、けっこう名作になっていたかもしれません。それだけに、「1」の続きをレベル1から再度やり直さなくてはならないのは、やはりマイナスポイントです。

●スキル育成が作業的
スキルだって新しいものも出てきますが、有用なものはほとんど「1」と被りますから、スキル育成が作業的なものとなり、新しい技を覚えるというワクワク感が薄れてしまっています。ただ、隠れたマントラの周囲を囲むと、その隠れたマントラが出現する、ってシステムは面白かったと思いますが。

ゲームとして楽しめたかどうか、と言えば、最後の方は完全に飽きていました。先の展開が気になるものの、やっぱり新しいダンジョンを攻略する度に無駄なレベル上げ、というかスキル獲得の時間に多くを裂かれ、先になかなか進めません。

●パーティー離脱が痛い
このスキル育成の時間に費やす時間が長いというのは「1」の頃からそうでしたが、今回の「2」では更に顕著でした。
というのも、途中でロアルドが、アルジラが、と次々にパーティーメンバーが離脱し、それまでそいつらを中心に育てていたものですから、そうなる度に他のメンバーを育成しなおしです。これがとても痛かった(主人公までも途中で離脱するし…)。逆にスキルを育てないで先に進めばボス戦で詰まってしまうのは必至ですからね。雑魚キャラも格段に強くなるし…。

もちろん、ストーリーの起伏が突くという意味では、パーティーが離脱したりする事は全然オッケーなんですけどね。

●プレスターンバトルはもういい
「真女神転生3」から採用されているシステム"プレスターンバトル"なんですが、確かに弱点を突く・突かれるで大きく戦況が変わるこのシステムによって、手に汗にぎるバトルを味わう事ができるももの、もうこのシステムやめてほしいです。

結局ボス戦では、当然戦う前からそのボスの弱点や攻撃方法は分からないわけで、そうなるとセットするスキルはヤマカンでセットする事になります。そしてそのヤマカンが外れればどうしても苦戦し、全滅すれば再度そのボスの特徴に合ったスキルをセットして挑む、というのがパターン化されてしまいます。

確かにパーティーは5人居るわけですから、どんなボス戦にも対応できるように5人にバランスよくスキルをセットし、適宜メンバーを入れ替えればいいんでしょうが、そうなると今度は5人を均等にスキル育成しなければならず、これはこれでかなり時間と手間がかかるでしょう。

●スキルのセッティングが保存可能であれば…
"ハントスキル全般""先制エキスパンダ""逃走アクセラ""チャクラウォーカ"等、ボス戦では無駄なスキルはボス戦が来る度に入れ替えなければなりませんから、とにかくこれも面倒です。色んなセッティングを数パターン保存できるようなシステムが是非とも欲しかったです。

●疲れました…
うーん、クリアはしましたが、疲れました…。隠しボスなんかも、探す気はおきません…。

●でも、惜しいとは思う
でもほんと、「1」と「2」が1つの作品として出ていれば、かなり評価も変わってきたんですけどねえ、残念でなりません。

デンマーク戦ライブ放送キター

30日(水)W杯欧州予選第8節 01:10-03:45
ウクライナ vs デンマーク (JSPORTS2) [LIVE]

ついにスカパーでデンマーク戦のライブ放送してくれるぜ!
これでもしデンマークは勝ち点3を奪えない場合かなり厳しい状況に置かれる事は間違い無いので(というか絶望に近い)、この日がXデーと言えよう。

2005年03月26日

京極夏彦『魍魎の匣』読みおわる

半年前からちびちび読んでいた京極夏彦の『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』を、やっとの事ながら読み終わった。

文庫本で賞味約1050ページ…。分厚くで手が疲れるわ、ポケットには入らないわでかなり苦労した。

序盤はいまいちのめり込めず、途中で挫折しそうになってしまったものの、後半からいよいよ面白くなり、最後の方はもうページをめくる手が止まらなくなった。こいつはすげえ…。すげえよ!

↓以下、ネタバレあり。

いやー正直、前作『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』が、確かに類い稀なる個性を秘めた、ジャンルを越えたモノであるというのは認められるものの、読み物として、特に推理小説としてはあまり納得できるものでなかったものだから、今回の『魍魎の匣』もどんなもんかと思い読んでいた。しかしどうだ、結局このサイコでミステリアスな内容にどっぷり(みつしり?)ハマってしまいました。

確かに前作同様、京極堂の講釈は目白押しではあるが、前作程押しつけがましくはなく、こちらも2作目なりに構えて読む事ができたためもあってか、あまり疎ましくは思わなかった(とはいえ途中でうんざりする場面もあるけど)。

推理小説として読んだ場合も、やはり納得のいかない点も多々あったが、しかしこの『魍魎の匣』に推理小説などという小さな枠は当てはまらないだろう。

様々な出来事が多面的に徐々に繋がって行く様が面白いし、そういうものである以上、これだけのページ数もうなずける。また久保の本が合間合間に登場するあたりも良かったなあ。あの本の存在だけでもたまらんものがある。最後で「ほぅ」という声の意味を知ってしまった時には鳥肌が立ったよ…。

惜しむべきは、ネットで検索するに、どうやらこの『魍魎の匣』が京極堂シリーズ(妖怪シリーズ)では一番評判が良さそうな事。これから順にシリーズを読んでいこうと思っている矢先、2作目にして最高傑作を読んでしまったのかと思うと、ちと残念ではある。

※keyword:京極夏彦、魍魎の匣、感想、レビュー

2005年03月25日

眼鏡買う

眼鏡を買った。

結局サングラスは持ち越しで、フレームが形状記憶合金になっているやつを買った。かけ心地が良かったので。

眼鏡屋で視力検査していて指摘されたのだが、自分はけっこう乱視が強いらしい。これも偏頭痛の発作に起因しているのでは…と勝手に思う。まあググってみても乱視と偏頭痛の因果関係を説いている所ってほとんど見かけられないけどね(単に乱視が頭痛の原因にもなる、と書かれていた所はけっこうあったが)。

毎度毎度眼鏡は踏み付けてダメにしてしまうので、今度こそフレームを曲げたりしないように、床の上に置きっぱなしにするのはよそう…。

ドラクエ8プレー日記10(ネタバレあり)

ドラクエ8プレー日記10(ネタバレあり)

※これから書くドラクエ8のプレー日記はネタばれを考慮していないので、注意してください。
※「●」…フローチャート 「◯」…ストーリーと関係無い寄り道 「☆」…プレー中に思った事やメモ等

●オーブ探し
→暗黒神の城を抜け出し、地上へ。「やまぎこの笛」入手。以後、7つのオーブを探す事に。トラペッタ地方の、レティスで降りられる土地の石板に場所のヒントがある。

各オーブの場所
☆パープルオーブ:トラペッタの火事になった家
☆レッドオーブ:メディばあさんの家
☆シルバーオーブ:法王の館2F
☆イエローオーブ:ベルガラックのギャリングの館2F
☆グリーンオーブ:リブルアーチ、ハワードの屋敷の入口付近
☆ブルーオーブ:リーザスの塔最上階
☆ゴールドオーブ:マニエラ修道院長の部屋2F

◯寄り道:バトルロードランクS制覇
やっとバトルロードの最終ランクSを制覇。こちらのメンバーは
・アポロン(うごくせきぞう)
・ユーガ(ストーンマン)
・リー(オーシャンリー)

☆ランクS第1試合と第2試合にあの『ドラクエ4』のトルネコとライアンがオーナーとして登場。決勝戦はモリーがオーナー。相手のメンバーは
・はぐれメタル
・ヘルクラッシャー
・ベホマスライム
攻略法:とにかくベホマが使えるオーシャンリーは必須。確かサザンビークの東の海岸に居たはず。あとは、はぐれメタルに対しストーンマンが早めに「つうこんのいちげき」を喰らわしてくれるよう祈るのみ。ストーンマンは『闇の遺跡』の島に居る。

☆ランクSを制覇すると、通常戦闘でモンスターを2チーム呼べるようになる。

●ラスボス戦
レティスの元へ行き、ラスボス戦。ここまでのレベルは
主人公47、ヤンガス48、ククール47、ゼシカ45。

暗黒神ラプソーン1回戦目
主な攻撃:メラゾーマ/イオナズン/杖の玉を飛ばす(全体に150くらいダメージ)/いてつく波動

攻略法:レティスから入手した杖を、同じターンの間で4人全員が「どうぐ」で使わないとだめ。それを7回繰り返し、賢者を呼び出す。この戦闘では一切ダメージを与えられないので、杖を使う意外は回復か補助系を使うしか効果が無い。補助系も「いてつく波動」で打ち消されてしまうので、回復以外はひたすら杖を使おう。

暗黒神ラプソーン2回戦目
主な攻撃:腕を振り下ろす(全体150くらいダメージ)/杖の玉を飛ばす/いてつく波動/こごえる吹雪/はげしい炎/高確率でねむり/流星が降り注ぐ(全体に90くらいダメージ/めいそう(HPが500回復)/魔力の解放(全体に250くらいダメージ)

攻略法:当然ながらモンスターチームで叩けるだけ叩いてておく。"めいそう"の次ターンで必ず"魔力の解放"を行ってくるので、ここは「ぼうぎょ」しておきたい。後はフバーハが有効。補助系は打ち消されてしまうので、せいぜいバイキルトくらいしか使えないかな。

●エンディング
倒すとエンディングです。
『真のエンディング』や『隠しダンジョン』についてはこちらを参照。

ドラクエ8プレー日記9(ネタバレあり)

ドラクエ8プレー日記9(ネタバレあり)

※これから書くドラクエ8のプレー日記はネタばれを考慮していないので、注意してください。
※「●」…フローチャート 「◯」…ストーリーと関係無い寄り道 「☆」…プレー中に思った事やメモ等

●三角谷
→パルミドの北西にある島々にレティスで降りると『三角谷』へ行ける。ここではトロデ王を操作。
☆トロデ王の状態で放っておくと耳掃除をしだす。
→奥のエルフの所でイベント
→宝物庫で『暗黒大樹の葉』入手

●犬戦
→『暗黒大樹の葉』を使い、マップに現れた紫の印を見ながら、杖を持った犬をレティスで追っていく。サヴェッラ大聖堂の法王の所で止まる。
ボス:魔犬レオパルド
攻略法:「つうこんのいちげき」で250ダメージをくらう。「こごえる吹雪」を吐いてくる。やはり攻撃をかわしながら戦いたいが、それほど強くはない。モンスターチームが居れば楽勝。

●煉獄島
→法王を殺したと言われ、サヴェッラ大聖堂のある島のすぐ近くにある小島、煉獄島へ。"入ったら二度と出られない監獄"との事だが、簡単に出られすぎ!子供だましだ…。

●聖地ゴルド
→イベントの後、マルチェロと戦う。
ボス:マルチェロ
攻略法:攻撃力はレティスくらい。メラゾーマ、いてつくはどう、ベホイミ等を使ってくる。「十字をきる」攻撃では全体に150くらいのダメージをくらうので、これだけ注意。

◯寄り道:サザンビークのバザーと大臣
☆ここまでくるとサザンビークのバザーが終っている。しかし城下町の西にある建物に商人らが移動しているだけなので、アイテムは今まで通り買える。
☆また、あちこちでサザンビークの大臣が行方不明という話を聞く。夜になってから、城下町の東の高台にある大臣の家の2Fへ行くと、どこかの部屋で鏡が光っている。そこに入れるようになり、ダンジョンへ。
中には宝箱があり、「たね」等貴重品がある。ボストロール2匹を倒せばイベント終了。大臣復帰。

●暗黒魔城都市〜暗黒神の城
☆貴重なアイテムがいっぱいあるので、必ず取り漏らさないように「とうぞくの鼻」を効かせておきたい。
ボス:暗黒神ラプソーン
主な攻撃:こごえるふぶき/高確率でねむり/イオナズン/メラゾーマ/通常攻撃は100くらい/いてつく波動/まばゆい光(全員マヌーサ)
☆やはりモンスターチームが居れば楽勝

→ラプソーン戦の後、来た道を戻る。この途中で4体のボスと戦う。
1、あんこくの使い…ザコキャラ。
2、主人公達の象…攻撃は主人公達と同じ攻撃をしてくるが、さすがにモンスターチームは呼んで来ない。
3、シャークマージュ…ボスっぽい見た目だけどそれほど強く無い。
4、暗黒の魔人…「こいつがラスボスか!!」と思う様なデカイ見た目だが、単に通常攻撃が250くらいのダメージをくらうだけで、大した攻撃はしてこない。スクルトで170くらいまでダメージを軽減できる。

☆ここでエンディングだと思っていましたが、まだラスボスではありませんでした。

☆ここまでの主人公のレベル46、プレータイムは83時間。

ドラクエ8プレー日記8(ネタバレあり)

ドラクエ8プレー日記8(ネタバレあり)

※これから書くドラクエ8のプレー日記はネタばれを考慮していないので、注意してください。
※「●」…フローチャート 「◯」…ストーリーと関係無い寄り道 「☆」…プレー中に思った事やメモ等

●レティスの島〜レティシア
→『海賊の洞窟』で手に入れた『光の海図』を道具として使い、ワールドマップに光の道筋を書き込む。その道筋通りに船で移動し、南のレティスの島へ。
☆レティスの島ではキラーパンサーを呼べないので徒歩で移動。
☆毒の沼地付近にチームモンスター「ギーガ(ギガンテス)」が居る。非常に攻撃力が高いので仲間にしよう。
→レティシア
村長の所でイベント。


●異世界
→レティシアを出て、島をうろうろ歩く。するとどこかで地面に大きな鳥の影が現れるので、その影を追って行く(自分の場合は石の鳥居みたいな物体の近くで影が現れたけど、共通?)。
影を追って行くと島の西の毒の沼地付近に異世界の扉が出現するので入る。
→異世界にも同じ場所にレティシアがあるので入る。
☆売っているアイテムは表のレティシアと同じで残念。また、今回の異世界で入れる町はこのレティシアのみ。なんか取って付けたような異世界だ…残念。
→異世界の石の鳥居みたいな場所でレティスと戦闘。
ボス:神鳥レティス
攻略法:攻撃力がめちゃくちゃ高く、150以上のダメージをくらい、さらに2回攻撃してくる。スカラで攻撃力を上げるよりも、『みかわしの服」などで攻撃をかわした方が良いかも。また"いてつく波動""ライデイン"等の攻撃をしてくる。
☆今までのボス戦で一番やばかった。

◯寄り道:モンスターバトルロードランクB
ここまでで主人公のレベルは38。ギーガも仲間にした事だし、これまで難関だったモンスターバトルロードのランクBに再挑戦。死闘の末、制覇!メンバーは
だんきち(ダンビラムーチョ/バイキルトが使える)
ギーガ(ギガンテス)
アポロン(うごく石像)

●神鳥の巣
異世界のレティス島、南にある神鳥の巣へ。
ボス:妖魔ケダモン
攻略法:レティス並の攻撃力がある。マホカンタを唱えてくる。仲間(デスターキー/あんこくちょう)を呼ぶ。はげしい炎を吐く。
"いてつく波動"は使って来ないので、パラメータを上げて戦う。

→『神鳥のたましい』ゲット。
表世界で空を移動できるようになる。
☆おおお!!これって『ドラクエ3』のラーミアの音楽じゃねえか!!

◯寄り道:エジェウスの石板
ワールドマップ北東、トラペッタ地方の森にレティスで降りられる。そこのツボに『世界樹の葉』あり。また、奥に『エジェウスの石板』という謎の物体あり。どうやら各賢者達の存在する場所が書かれているもよう。

◯寄り道:表の世界の神鳥の巣
表の世界でも神鳥の巣へ行ける。ボスは居ないが、『ちいさなメダル』等のアイテムを取るためには必ず行きたい。

◯寄り道:レベル上げポイント
ライドンの塔の北、崖と平地の間にある段差の土地にレティスで降りられる。そこではスライム系の魔物ばかりが登場し、当然メタルキングやはぐれメタルも多く出現するので、レベル上げには絶好のポイント。ここにある宝箱も全部取りたい。

◯寄り道:モンスターバトルロードランクA制覇
闇の遺跡の島南西にボストロールが居たので仲間に。こいつはよく「つうこんのいちげき」が決まるので仲間にしたい。
そしてランクBを制覇したメンバーからギガンテスを外しボストロールに交え、バトルロードランクAを制覇。

☆ここまで主人公のレベル41。

2005年03月24日

BCチェッカーで抹消血液循環機能を測定…したのだが

ジムで「抹消血液循環機能」を測定する企画をやっていた。
なんでも「BCチェッカー」とかいう機械で指先の血液の循環を調べ、その結果年代別の評価を知る事ができるらしい。

有料(525円税込)なので戸惑ったが、栄養士のアドバイス付き、という事だから、とりあえずやってみたのだが…。

機械に右手の人さし指を乗せ、1分弱くらい待つ。その後すぐに結果がレシートみたいな紙で出された。

「あなたの抹消血液循環機能はAパターンに分類されます。あなたの年代では高い機能と言えます。現在の生活パターンを維持し、より積極的な運動習慣を身に付け、機能の維持に努めて下さい。」

と、書いてある。要は「血液の循環は何の問題ないんでその調子で」って事らしい。栄養士?らしき白衣を着た人物にも「その調子で」みたいな事を言われる。

まあここまでは良しして、問題はその後。紙コップに入った液体を飲まされる。何かと思いきや

「こういう商品が出たんですよ、運動前に飲むと効果的ですよ」

だと。そしてその飲み物のうんちくをペラペラ説明される。さらに、大●製薬の「アミノバリュー」のチラシを渡され…っておい!

これって要は、栄養士のアドバイスどころか

単なる宣伝じゃねーか!!

何が「血液年齢を調べませんか?」だよ!BCチェッカーって、単なる宣伝の釣りじゃねーか!!大●製薬の営業じゃねーかよこれ!

そしてその宣伝のために会員から525円も取るんじゃねー!!ふざけるな、ルネ●ンス!

2005年03月23日

極めて悪質!!「無視できない」架空請求、小額訴訟

ここ数年で世の中に迷惑の種をばらまきまくっている詐欺、架空請求。
この類いのモノの対策として、最もポピュラーで効果的といえるのが「無視」。

しかし、「無視できない」架空請求なんてのがあったなんて、初めて知りますた…。

架空請求の少額訴訟、「極めて悪質詐欺」と賠償命令(Yahoo!)

小額訴訟というのは、”60万円以下の債権を簡易に回収する目的から、原則1回の口頭弁論で判決が出る制度”らしいのだが、これによって請求された側が答弁の書類を出さずにいると、なんと相手の主張を認めたとみなされてしまい、支払いに応じないといけないというのだ。

上のリンクは、そんな悪質極まりない小額訴訟の詐欺にあった被害者が起こした裁判で勝訴したもの。

いや、まじで悪質っすわ。無視できない、という所につけ込んでくるとは。そもそも、そんな裏を突かれるような法も困りものですが…。

とはいえ、メールやら素で送られてくるような官製葉書に書かれているようなヤツはやっぱ無視してもいいみたいですけどね。

参考:法務省「督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求にご注意ください」ttp://www.moj.go.jp/MINJI/minji68.html

偏頭痛の発作

前回から、まる1か月後の今日、偏頭痛の発作が。

今日は昼食を食っていたら閃輝暗点。12時20分頃。やはりパソコンの画面を見ていたら突然視界中央に小さな閃輝暗点が発生した。眼鏡はかけていなかった。

閃輝暗点が始まったと分かるや否や、コンマ1秒を争うF1ドライバーの如く超速攻で鎮痛剤を服用。ロキソニンが前回で切れてしまったので、今回は同じ成分と思われるリンゲリーズ錠というものを服用した。今日は頭を締めるものが無かったので、いつものようにヘアバンド等はしなかった。

また、以前このブログにコメントしてくれた、まことさんの情報で目薬が効くかも、という意見をいただいたので、ここで試してみた。

12時45分頃、閃輝暗点は広がり、視界から外に消える。

13時20分頃、徐々に頭が痛くなる。…来たか。偏頭痛の特効薬であるレルパックスを飲むべきか、今後の展開をみる。

14時頃。…どうだろう!確かに頭は痛いものの、全く横になる程ではない。当然吐き気も無い。激しく動くのでなければ、仕事にも差し支えない。

16時頃。ほとんど頭痛は消えた!吐き気も無し。レルパックスを飲む必要は無さそう。

いや…ほっとした。会社の早退、さらに食中であったので、嘔吐の1度2度くらいは覚悟していただけに、それらを危惧する事なく1日を終えられた。夜にはいつものようにジムでトレーニングすら出来た。

今回は軽い発作だったのだろうか。それとも何かが良かったのか。リンゲリーズ?いや、確かにあれはロキソニンと名前が違うだけで同じ成分のはずだが…。目薬?これは分からない。注した直後に閃輝暗点が消えるという事も無かったが、果たして。とにかく有効かもしれない、と思うものは何でも利用してみよう。そういやヘアバンドは締めなくても症状抑えられたな…。これって症状を軽減する術として、頭を締めつけるのは特に有用でも無いって事なのかな。

2005年03月22日

眼鏡に迷う

大分前に眼鏡のフレームを踏み付けて曲げてしまって以来、ずっとそのまま使っているのだが、どうやらこれが頭痛の原因のひとつになってはいないだろうか、と今さらながら思ってきた。フレームの左側が少し曲がった状態になっているのだが、それをかけると左のこめかみがやや圧迫される。

まぁ普通に眼鏡として利用できなくなる程までに曲がっているわけではないので今まで使ってたのだが、やっぱりこれは変えた方がいいな。

そこで新しい眼鏡なんのだが、自分は角膜が傷付いているのか、夏になると車を運転していて、とても朝の光が眩しかったりするのでサングラスもいいかな、とも思ったりする。

眼鏡屋へ向かう。

脱着式のサングラスがいい感じ。マグネットになっていて、サングラスにも普通の眼鏡にもなる。

しかし、実際眼鏡屋で色々と試着(←という表現は合っているのか?)してみると、フレームに凝った少々高額な眼鏡が大層気に入ってしまった。かけてみて全くこめかみが圧迫される事はなく、しかも軽い。これは心地いい。さらには踏み付けて曲げてしまっても復活しそうないわゆる形状記憶合金というやつか。

うーん、眼鏡は顔の一部です、なわけで、心地よさって大事だよなー。2、3分使ってハイ終わり、ってわけじゃないし。

でも夏の朝って本当に眩しいんだよなー。そういう意味ではサングラスにもしたい…。

サングラスになっていて、尚且つフレームが心地よくて、さらにそれほど高額じゃない…なーんて眼鏡は無いものか。

今度は違う眼鏡屋に行ってみやう…。

2005年03月21日

腕のしびれで目覚める

今朝、起きたら右腕がやばいくらいに痺れていた。右肩から下がまるで自分の腕ではないかのように動かない。何とか身体全体を起こしてしばらくすると痺れは治まり腕が動くようになったが…これは何だったのだろう。

たまにあるんだよなこの減少。でも、腕が痺れてしまうようなポジションで寝てるわけでも、大きな物が乗っかっているわけでもない。普通に仰向けで寝ていた気がする。

今日は同様に左足も痺れていた。…デンジャーな病気じゃないといいけど。

2005年03月20日

今年のF1はキタ---のか!?〜マレーシアGP決勝〜

久々にF1で「レース」を見る事ができるのだろうか…。
失われた数年間を取り戻せるか、F1GP。

2005年マレーシアGP決勝はルノーのアロンソがポール・トゥ・ウィン。続いて予選から好調だったトヨタのトゥルーリが2位、そしてウイリアムズのハイドフェルトが3位という結果。

いやあ…感慨深い。ドライコンディション、その他トラブルが無く、イーブンな状態でのレースで表彰台にフェラーリ勢が居ないなんていうのは何年ぶりだろう。痛快だ。

フェラーリ以外だったらどこのチームが独走しても問題ない。フェラーリが独走すれば終止バリチェロは1stドライバーのシューマッハに対し仕掛けようとはしないから、至極退屈なレースが生まれる。スタートでフェラーリの1、2になった時点でそのレース終わり。

ところが今年はどうだろう!
ペヤングに、ピットストップのタイミングではなく"コース上で"追い抜かれるMシューマッハ、トヨタ勢に周回遅れにされるバリチェロ…!

惜しむらくはMシューマッハが2ポイントとはいてポイント獲得してしまった事だな。トヨタとウイルアムズが争っていた時には「おいおい下位のフェラーリを助けるなよ!」とヒヤヒヤ見ていたら案の定接触…(ただあの3台のバトルは見応え十分だったけどね)。またライコネンも結果的にはMシューマッハは助けてしまう結果になったな。ライコネンは完走すればモントーヤより速い位置でフィニッシュできそうなだけに残念だ。

自分はこのMシューマッハの2ポイントを危惧しているけどね…。これからのテスト期間でもしまたフェラーリが速さを戻ってきてしまえば、今くらいの差などすぐ埋まってしまうだろう。むしろ「序盤の失墜からの見事な復活劇」と、終ってみれば今年も主役はフェラーリかよ、てな完走にもなりかねない。F2005の存在も無気味だしね…。

ヨーロッパラウンドでもフェラーリの不振が続く事を祈るばかり。そしてルノー勢をトヨタ、ウイリアムズ、マクラーレンあたりが追随して緊迫した白熱のワールドチャンピオン争いをきぼんぬですよ!

マレーシアGP予選1日目、フェラーリ勢大きく出遅れる

2005年F1、マレーシアGPの予選1日目。
ルノー、トヨタ勢が好調で、トップはアロンソ。

気になるフェラーリ勢かなり謎。シューマッハが12番手、バリチェロは14番手と、大きく出遅れている。

この予選はまったくのドライコンディション、さらに今年の予選1回目は皆空タンクで走るはずなんで、条件的にはどのマシンもイーブンだと思うんだが?

前回のオーストラリアGPが大荒れの天候のおかげで予選順位が混沌とし、結果的に開幕戦ではあったがドライコンディションでの各マシンのポテンシャルが計れないレースになってしまったので、そう言う意味で今回、今年最初のドライコンディションで行われたマレーシアGP予選1日目は注目だった。

特にフェラーリ勢に関しては、今年もまた易々とポールを取られてしまっては、「また今年もフェラーリなのかよ!」と意気消沈してしまう所なだけにどの位置にくるのだろうと思っていたが…。

なんだこりゃ。トップとは1.4秒以上の遅れ。ひどいね。今年のフェラーリは大失敗と見ていいんでしょうか???つまり、今年のF1には期待していいのか???

ただちょっと待て。結局オーストラリアGPでは、レース開始の順位で低迷していたバリチェロが蓋を開けてみれば2位フィニッシュだった。

予選は遅いが、決勝で勝てるマシン…なーんて言わないでくれよ??そんなもんが成り立つようになっちゃったら、世界最速を競うF1なんて名ばかりになってしまうよ。

ぜひとも決勝でもフェラーリが低迷する事を祈る。そして今年のF1を盛り上げてくれ。新車のF2005なんてずっと後でいいよ。これ以上Mシューマッハの天下が続くようではF1かなり終るからさ。

2005年03月19日

『BASTARD!!』は休載〜UJ4月号〜

『背徳の掟編最終節』となってから順調に連載されていた『BASTARD!!』でしたが、ここにきて休載となってしまいますた…。

1度休載になると立て続けに載らなくなってしまうだけに、今後が非常に不安なところであります。

うーん、以前予想してみた24巻が今年中に出る、というのはもう無理かな…?

2005年03月18日

CLベスト8の組み合わせ決まる、リヨンはPSVと

04-05シーズンのチャンピオンズリーグ、ベスト8の組み合わせが決まった。自分の応援するリヨンとPSVは共に対決。これで両者が同時に消えるという事は無くなった。

詳しいドローは以下の通り。

----
準々決勝
第1戦: 4月5・6日
第2戦: 4月12・13日
1 リバプールFC v ユベントスFC
2 ACミラン v FCインテル・ミラノ
3 オリンピック・リヨン v PSVアイントホーフェン
4 チェルシーFC v FCバイエルン・ミュンヘン

準決勝
第1戦: 4月26・27日
第2戦: 5月3・4日
1 準々決勝マッチ4勝者 v 準々決勝マッチ1勝者
2 準々決勝マッチ2勝者 v 準々決勝マッチ3勝者

決勝
トルコ・イスタンブール アタチュルク・オリンピック・スタジアム
5月25日
準決勝マッチ2勝者 v 準決勝マッチ1勝者
----

ミランダービーが実現したため、イタリア勢は少なくとも1チーム消える事に。でもどうせミランが勝つんだろうなあー、つまらんなー。インテル勝たないかなー(まぁどっちでもいいけど…)。

またラスボスと見ているチェルシーはバイエルンと。うーん、微妙だなー。どっちかっていうとチェルシー側としてはミランやユーベに比べたらやり易そうな相手では…。

さらにリバプールはユベントスと対戦。これはは何がなんでもリバプールを応援します。あーモリエンテス出場できれば面白かったんだけど。

…単純にこの組み合わせだと、実力から考えてミランがダービーを制すれば決勝まで残ってしまうような気がするが、そうなると非常につまらんなあ。一方でユベントスが勝ち上がったりしたら、またいつかのような退屈な決勝戦が行われる事に…それだけは勘弁してください。

1番より2番~ロトくじ、2等の配当金が1等の5倍になる珍事

しょうゆ↓
ロト6で珍事 2等当せん金が1等の5倍超(Yahoo!)

ロト6で1等の配当金と2等の配当金が逆転してしまったという珍時。しかも1等賞金が181
万4700円であるのに対し、2等は9940万5200円と、その差は約5倍。うへー。

これはもちろん、1等で当たった人数より2等で当たった人数の方が極端に少なかったため。

1等と2等の配当金が逆転しまった事は過去にもあるらしいが、これだけの差が生まれるのは確率的に非常に稀だろう。当たった人数の数で配当金が決まるロトくじならではの珍事ですな。

2005年03月17日

シウバ対吉田再戦

ソース↓
吉田vsシウバが正式決定=PRIDE

4/23日のPRIDE GPだそうです。
うーん、このカードどうなのかねえ。見たいとは思うけど、もうPRIDEネタ切れじゃねーのかとも思えてしまうような。個人的には"名も無き元少林寺拳法の達人"とかに電撃PRIDE参戦してほしいなあ。

おいおいCSフジ

知人のブログに気になる記事が載っていた。

なんでもCSのフジテレビ「フジテレビ721+739」の月額視聴料金が今までの735円から1050円に値上げしてしまうとの事。どうやら株主への配当を増やす見返りとして視聴料金が釣り上げられるとか?

うーん、確かにそれって視聴者をなめてるかもね…。自分にとってCSフジは「F1」と「ゲームセンターCX」というキラーコンテンツがあるだけに無視できない存在なので、ちょっとイヤだのぅ。

まぁW◯W◯Wよりはマシだけどね。

2005年03月16日

昨年の覇者消え、ベスト8で揃う

04-05シーズンのチャンピオンズリーグもベスト8が出そろう。
遅ればせて行われたインテル-ポルト戦は結局インテルが3-1で昨年の覇者ポルトを降し、ベスト8へ。

結局イタリア勢が3チーム生き残り、スペイン勢は全滅…。意気消沈。

ベスト8の組み合わせは18日に決定する。
俺はリヨンとPSVを応援するぜ!!

2005年03月15日

トラウマ

またいつもの夢だ。

ここ数日は連続して見ている。これはもうトラウマだ。

いつの時代の何の出来事がトラウマの元となっているのかよくわからない。

今宵は寝る前に、紙にメッセージを残して寝てみよう。

2005年03月14日

マーチの燃費メモ

突然ですが自分が乗っている日産マーチ(H14年式)の燃費について記したいと思います。
10月あたりからスタンドで給油する度に、その時に給油したリットル量と、前回満タンにしてからの走行距離をメモっておりました。
いずれブログに残しておこうと思っていたものの、随分先送りになってしまいました。

乗っているマーチはH14年式の12c5ドア、主に走る場所は田舎の、それ程混んではいない道路です。高速などはほとんど使いません。
給油に関してははすべて空タンに近くなってから満タンにしています。

10月12日
29.98L給油

10月23日
32.42L給油 - 走行距離443.7km 燃費:約14.8/L

11月4日
31.00L給油 - 走行距離450.1km 燃費:約13.8/L

11月15日
32.00L給油 - 走行距離448.4km 燃費:約14.5/L

11月28日
31.79L給油 - 走行距離451km 燃費:約14/L

12月11日
30.07L給油 - 走行距離422km 燃費:13.3/L

12月23日
31.26L給油 - 走行距離403km 燃費:13.4/L

と、およそ2か月間の結果です。
大体燃費はリッターあたり13〜15kmという計算になるようです。

ちなみにこれまで2年くらいこのマーチには乗っていますが、去年の4月25日に、満タン給油してから空になるまで最高で489.2kmまで走れた、という記録があります。もっと上手い走り方をすれば満タンからの走行で500km以上も行けるのではないでしょうか。

時期的には春あたりは燃費は良くて、逆に冬になると燃費は悪くなるようです。やっぱりこれはどの車も同じですかね。当たり前か。しかし真冬だと走行距離にして400kmにも満たないのにガソリンのメーターが空近くになりますから、けっこう違いはあるものですね。

こうしてメモを残してみると、自分はきっちり11〜12日間で給油しているというのが分かります。毎日の通勤以外の用途にはあまり使っていないからバラつきが無いのでしょうね。

台湾でiPod shuffleにそっくり(というかまんま)のアイテム登場

ソース↓
「なんちゃってiPod shuffle」法的に問題ナシと台湾企業(ITmedia)

上のソース記事にある写真を見てもらえばわかりますが、ほんとまんまです。iPod shuffleに外見はもとより、ポスターなんかもくりそつ。恐い者知らずという感じだ。なんでも「法律の専門家と相談している」らしいから大丈夫(?)ならしい。

ほんとかよw

ドラえもんの新声優ケテイ、登場は4月15日(1時間スペシャル)

ソース↓
新声優陣発表「ドラえもん」40歳若返り(Yahoo!)

昨年の衝撃、ドラえもん声優交代発表から3か月半、ついに新しい声優が決まったもよう。大山のぶ代の声を受け継ぐその声優。モノマネ師、またはタレント等様々な憶測が飛び交ったが、結果決まった人とは…

水田わさび(30)

すまん、知らん。

「あたしンち」「忍たま乱太郎」等に出演歴がある、らしいです。誰がやったとしても瓜二つなモノマネで無い限り、最初は違和感バリバリだと思うけど、これまでのドラえもんが強烈なインパクトのある声だっただけに、そのイメージを覆せるか、かなりプレッシャーでしょうね。

他のキャラの役割は"大原めぐみ(のび太=29)関智一(スネ夫=32)かかずゆみ(しずか=31)"って事らしいですが、特筆すべきはジャイアン。
"木村昴"って…知らない人ですが14歳なんですと。どんな声なんでしょうかね。

ちなみに注目の新声優による初オンエアは4月15日で、1時間スペシャルで放送されるようです。こりゃ正直見たいっすわ。


P.S.10年後くらいにはアニメの声優とかを肉声じゃなく機械でやったりもする時代がきたりするのかな

2005年03月13日

まあ大勢相手にしてるから面倒なのは分かるけどさあ

免許の更新に幕張の免許センターへ。
日曜に行ったもんだから、それはもう混んでいる事。
免許センターは毎日やってるのに、休日とはいえ同じ日にこれだけ免許の更新しに来ている人がいるのかと思うと不思議な気さえする。

それにしても、幕張の免許センターに来て際毎回思う事。
どうしてあそこの人って態度悪いの?
ひとつひとつの作業が機械的になるのは、あれだけ大勢の人間を相手にしているんだからしようがないと思うんだが、それを通り越してなんだか威圧的だったりするおやじとか居るのはどうなのかね。まぁ皆が皆とは言わないけど…。

ちなみに今までの免許には「有効期限、平成◯◯年の誕生日まで」みたいに書かれていましたが、今度からは「有効期限、平成◯◯年◯年◯◯日まで」と書かれるみたいです。誕生日の1か月後って事が明確に記される事になったようですな。

今回も古い免許は記念に貰ってきた。これで免許アルバムが2枚になりますた。

2005年03月12日

カーナビってやつはヤッパリ便利だわさ

ここしばらく車を運転して遠出をしていなかったのだが、先の告別式で葬儀場へ向かうのに久々に遠方へ向かった。

その際、後部座席の裏に封印してあったカーナビを取り出す。全然起動させてなかったから壊れていても仕方ないと思っていたが、完動。

ナビに目的地を設定。音声ナビゲーションにより目的地へ向かったわけなんだけど、いやー、迷う事なく安心して行けました。まじで便利だカーナビって。おまけに到着時間なんかも推測してくれるしね。もう紙媒体の地図なんかいらねーとか思いたくなる。

その上このナビ、数年前の品だからDVDじゃなくてCD-ROMなわけよ。機能だってヘボいわけよ。なのに全然問題ナッシングなんだから、今巷で売られているナビって一体どんなに便利になっちゃってるんだか、恐ろしいぜ。まさかAIで勝手に運転してくれたりしないよな?

2005年03月11日

ヤクルトの「ソフール」

おはヨーグルト!!

…すまん。

最近(というか毎日だけど)、胃腸の調子が悪い。
これは腸内の悪玉菌が暴れているに違いないと、善玉菌を増やすべくヨーグルトを食べる。

しかし最近はヨーグルトの種類が一杯あって、わけわからん。どれも「◯◯菌」と書かれていて、とりあえず腹には良さそうに見える。

色々食ってみて、最近気に入ったのがこれ。

ヤクルトの「ソフール」。"生きて腸で働くヤクルト菌「L.カゼイ.シロタ株」"という意味不明なモノが入っているらしく、たいそう腹には良さそうだ。低カロリーなところも良さげ。あ、もちろん特定保険用食品(いわゆるトクホ)ね

だが、これが気に入った真の理由は単にうまいから。

なんつーか、ヨーグルトにありがちなあの酸っぱさがほとんどなく、どう表現したらよいのか、乳飲料だかの「アポロ」(←今も売ってるのかわからんけど、スーパーとかにある3本入りくらいの、ストローで飲む子供向けの縦長の飲み物)に似た味…すげー曖昧だけど。

とにかく、中に入っている善玉菌の良し悪しはわからんけど、うまいからいいやって事で。そう思って食えばプラシーボ効果でおなかも安心。

2005年03月10日

マドリー、アーセナル消える…

スペインの2チーム、アーセナルと、今年のCLベスト16で自分の応援していたクラブが全滅してしまった…。こんなに早くCLの見所が消えてしまうのは久々だな…。まだベスト16だぜ?

マドリーはユベントス相手に完敗。守備の方はマドリーDFにしてはこれ以上無い鉄壁の守りを敷いていたように思える。よくやった。しかし、しかしマドリーには「FW」が誰一人としてピッチに立っていなかった…。これが痛すぎた。得点の予感がしない。0-0で逃げ切れればともかく、1-1に追い付かれた時点でもうダメだと思った。

ベルナベウではパスもよく周り、ユーベDFを撹乱しまくっていたのに、アウェーだとここまで違うのな。グループリーグを1位通過する事の重要性を改めて知った。やっぱり2ndLegがホームの方が絶対有利だ。

アーセナルも1点取ってからは押せ押せであと一歩だったけど、結局1stLegの3失点は痛すぎたか…。

あー、ベスト8からのCLは自分の中で意気消沈だな。こうなってくるとバレンシアとデポルにはやはりグループリーグ突破してほしかったな。

とりあえずモウリーニョ率いるチェルシーをラスボスに見立て、それをリヨンあたりのダークホースが粉砕したりするシナリオでも期待しようかな。

2005年03月09日

Google検索ワードの先読み、日本語β版登場

ソース(Yahoo!)
キーワードから言葉を提案する、「Google サジェスト」日本語版登場


Googleサジェスト
の日本語β版が登場。実際にサイトに行って何か打ち込んでもらうとわかるけど、1文字打ち込んだだけで色々検索候補がでてきてオモロイ。これによってまたググるのが楽になった。

この機能が紹介されてしばらくは「あ行」の一番上に候補として表示されるキーワードが検索されまくりそうだな。やっぱ皆、最初に試すのは「あ」でしょ?

チェルシー対バルセロナ〜もうこれが決勝戦でいいよ

"事実上の決勝戦"という言葉がここまで当てはまるものは無いであろうと思われる程の大一番、04-05シーズンのチャンピオンズリーグ、ベスト16の2ndLeg、チェルシー対バルセロナ。

決戦を制したのは…

いや…、まだ興奮冷めやらぬ、といった所です。もうこれが今シーズンのCL決勝戦でいいよ、ってくらいの激戦でした。

前半、立て続けにチェルシーがバルサDFの裏を突くカウンターで3点を挙げ、もうこの試合は万事休すかと思いました。
ところがその後ロナウジーニョが厳しい環境の中でPKを決め3-1に。更にその後、ロナウジーニョがペナルティエリア付近で、縦へのスルーパスと見せかけたフェイントから機を突くシュートで3-2に!この時GKのツェフは一歩も動けず。見ている私も一体何が起きたのか分かりませんでした。

さて3-2となった時点で立場は逆転、1stLegとの総得点では4-4のドローながら、アウェーゴール数で勝っているバルサがこの時点では勝ち抜け。

このままバルサが逃げ切れば"逆転"と言っても良い形でベスト8に進むわけですが、ところがチェルシーが後半コーナーキックから得点を上げ、トータルスコアは5-4。今度はチェルシーが勝ち抜けになってしまいます。この辺の、たった1点で形勢逆転するのがCL決勝トーナメントの面白い所。

その後バルサは超攻撃的な布陣で仕掛け、一方チェルシーは徹底して守備を一貫するようになります。1stLegで見られた様な攻守の激しいせめぎ合い。なんせバルサがもう1点あげれば試合はひっくり返るわけですから、終了まで一時も見逃せません。

しかしながら結局チェルシーがバルセロナの攻めを守り切り、バルセロナは敗退…。

文字どおり手に汗にぎる劇的なH&Aの2試合でした。勝利した時のチェルシー側の喜び様はまさに優勝したかのよう。後に分かった事ですが、試合終了後にロナウジーニョが暴れてたのは、チェルシーのスタッフによる人種差別的な発言から、だとか?

次で気が緩んで足下すくわれなければ、限りなくチェルシーは優勝に近付いたのではないでしょうか。それだけこのバルサ戦は大きな山だったと言えましょう。

しかしバルサの守備はどうして今日に限ってあんなにダメダメだったのか…。左サイドがやられすぎてた。

ロナウジーニョの2点目は、もしバルサが勝ち抜けていたら伝説になっていたでしょう。

2005年03月08日

CL、いよいよベスト16→8へ

いよいよ04-05シーズンのチャンピオンズリーグも明日、明後日でベスト8に絞られる(←3/10追記:すいませんインテル対ポルトは15日でした)。

いやー、つまりバルサ、マドリー、チェルシー、マンU、ユーベ、ミランといったチームから最低3チーム消えるわけだ。もったいねー。これらの強豪同士の一戦は1stLegの試合結果だけでは安易に予想できないため、大注目ですな。

告別式に参加

親族(というか複雑な親戚?)の告別式に参加。
何を隠そう、自分は物心付いてから、冠婚葬祭と呼ばれるものに出席するのは初めて。とりわけ葬儀なんていやー失礼は許されないモノなのでドえらい緊張しました。

さらに親族として参列してるから、単に焼香あげるだけじゃなく色々あって疲れた。ヒトの骨って意外と白いものなんすね…。

あと自分はもらい泣きし易いんだと感じた。
僧侶が経文を読んでいる時までは涙の一滴も流さなかったのですが、いざ喪主が挨拶をする時に涙を堪えながら声をしぼりだしている様を見て、その心境たるものを察してしまい、自分も目に大粒の雫が…。

それにしても21世紀たるこの今、人の死に対しての儀式的な弔いの様子というのはかなり異様な光景でした。また、葬儀って、半ば生きている人のためにあるんだよなあと改めて思いました。

2005年03月07日

キレやすい中年

礼服を買いに紳士服屋へ行ったところ、静閑な店内に中年おやじの罵声が響き渡っていた。

どうやら店員にキレているらしい。

そこまで怒りたくなるような過失が店員にもあったのかもしれんし、何にキレているのかはっきりと分からん以上、一方的にその中年を批判する事はできないが、ただ少なくとも、店内であんな大声を出されては他の客(俺含む)が非常に不快。

若者を擁護する気はサラサラ無いけど、中年も中年だな、と思った。
…いや、今までの経験から中年の方がドキュン率高いような…。

2005年03月06日

Mシューマッハ、リタイアでノーポイント〜2005年F1豪州GP

F1が開幕。初戦のオーストラリアGPは大波乱の予選により、決勝も去年までとは違うチーム・ドライバーが活躍する場となった。

結局の所、予選が大荒れだっただけに今年のマシンのポテンシャルがいまいちつかめなかったな。でもなんだか今年はルノーが調子良さげで、フィジケラがポール・トゥ・ウィン。期待していたマクラーレンとウイリアムズ、また去年躍進したBAR陣営などは奮わず…。ペヤングの移籍したレッドブルが意外な活躍をしていただけに期待。台風の目になれるか。

そんな中、Mシューマッハがリアイアでノーポイント!はっきり言って初戦から優勝されたらたまらんと思っていただけに、喜ばしい結果だ。うは。

フェラーリに関してはシューマッハがあまり参考になりそうもないレースをしていたのでバリチェロに注目していたのだが、これがレース中、なかなか前との差を詰められないでいる。ファステストもフィジケラやアロンソが連発で叩き出したり、「お、もしかして今年のフェラーリはダメぽか!!?」とも期待したのだが、終って見ればバリチェロは2位チェッカー。11番手と後方でスタートしながらこの順位という事を考えると…

やっぱ今年もフェラーリなの???

とか思っちゃうんですけど…。

それよりもマクラーレンとウイリアムズが心配だ…。いや、ルノーでもどこでも、フェラーリ(Mシュー)の優勝を阻止してくるチームがあればいいんだけどさ。欲を言えば3つどもえ、4つどもえのチャンピオンシップが久々に見たいわけだ。

2005年03月05日

インド人マンセー

とりあえず今年のF1はインド人初のドライバー参戦っつー事でカルティケーヤを応援します。

それはともかく、開幕戦の予選1日目は大雨の影響で大波乱。混沌をとりあえず制したのはルノーのフィジケラ。マクラーレン勢、Mシューマッハは大きく出遅れる展開となった。琢磨に至ってはもう、なんつーか、「これぞ琢磨」と言いたくなるようなあいかわらずの不運&クラッシュ。

つーか今年って予選、日をまたいで2回やんのか!それすら知らなかったぞ俺は。まあおかげで、ここ最近の予選1回目の退屈さに閉口しまくるという事は無くなったが。

それにタイヤも予選と決勝で同じの使うんだって?こりゃえらいこっちゃ。今年の場合なんて各チーム各人が色んなタイヤ履いちゃってるけど、どーすんのさ。

エンジンも交換もしちゃいけねーっつーし、それって耐久性ばかりが重要視されるって事でしょ?なんだか1レースをギリギリなマシンで競うF1のソリッドなイメージがどんどんかけ離れていくような…。

とりあえず、予選1日目は大雨という天災でレースが大波乱になりましたが、そうではなくドライコンディションのままでも、フェラーリ&Mシューマッハ独走ではなく、波乱に満ちた先の読めないチャンピオンシップ展開を激しく期待します。

2005年03月04日

もうF1開幕の時期か

F1GP2005年シーズンが開幕。初戦のオーストラリアGP予選が明日、5日から始まる。まったくF1関連の情報仕入れてなかったから危うく開幕戦見逃すとこだったよ。とはいえ、やはり今年もブリジストンタイヤはフェラーリ一辺倒なようで…

今年もMシューマッハだろ。

2005年03月03日

インフルエンザ対策にマスクを

インフルエンザのウイルスはマスクの目なんかよりも遥かに細かいから、マスクをしたって意味ない…という話をしばしば耳にしますよね。確かにウイルスの侵入は防げないかもしれませんが、マスクをする事で喉が乾燥するのを防ぐ事ができます。喉が乾燥するとウイルスがつきやすくなるので、そういう意味ではマスクはインフルエンザ等の風邪の予防に効果があると言えます。

マスクは使い捨てのものが良いと思います。私は会社で午前と午後で取り替えています。あと、あまり手でマスクを触らないようにしたいですね。

2005年03月02日

ゲーム脳ですか?

残虐ゲームを有害図書指定 神奈川県が全国初(Yahoo!)

おいおいおい。多角的な学術的見地から、結果的にそのゲームの子供に与える影響がプラスに働く効果よりも、負のベクトルに働く危険性の方が高いと判断、危惧してそういう措置をしたのならまだいい。

まさかとは思うが、先の事件で散々マスコミが「ゲーム脳」とか取り上げてたのに影響受けますた、何て言うなよ?それって血液型で幼稚園児の部屋を分けてるどっかのDQNなヒトとやってる事一緒ですケド。

散々いい加減な報道をしてるTVメディアの方がゲームより世間に悪影響を与えていると思うけど。まあ子供がキレるのはDQNな大人にも原因があるよ。大人なんてしょっちゅうスーパーのレジとかで店員に理不尽な理由でキレたりしてますけどね。

2005年03月01日

マンUのロイキーンが傷害容疑?

少年への傷害容疑でロイ・キーンが出廷(Yahoo!)

マンチェスターユナイテッドの主将ロイ・キーンが少年への傷害容疑を持たれているっつーニュース。でもこれ、"モーペッド(ペダルで走ることもできるオートバイ)でホーンを鳴らし、侮辱的なジェスチャーを…"ってどう考えてもクソガキが悪いだろ。こんなガキをのさばらしておくのは社会的に良く無いな。まあ、だからと言って何でもするわけにはいかないのが、スポーツ選手の痛い所だろうけど。特にイングランドはこういうの、厳しそうだしね。

『デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2』のプレー日記6

『デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2』のプレー日記6
以下、ネタバレ含みます。

「●」…フローチャート 「☆」…ゲーム中のメモや感想 「◎」…選んだ選択肢

●パワープラント〜動力プラント
☆施設内部へ進む際にゲイルが「引き返せない」みたいな事を言うので、そこから先に行くとステージをクリアするまで出られなくなる。マッドマーケットなどの主要施設は中にある。

→西側通路にセキュリティーシステム。電撃が弱点なのでジオ系魔法で倒す。
→東側通路に同上。
→上の二か所の仕掛けで開いた通路を進むとボス戦。
ボス:レーザー砲×2、ゲートコア
特徴:レーザー砲は左側が物理攻撃、右側が各種属性攻撃をしてくる。両方とも電撃が弱点。
ゲートコアは5ターン後に内部を露出し、「ブラストレイン」を放つ。全員に50〜120くらいダメージ。1度「ブラストレイン」を放つと以降、2ターン毎にそれを放ってくる。コアが閉じている時は魔法や物理攻撃がほとんど効かないが、内部を露出している時は電撃が弱点になる。

→先へ進みセーブポイントあり。さらに先へ進むと再びボス戦
ボス:ナーガ×2、ナーガラジャ
特徴:ナーガは地変と火炎が弱点。ナーガは何度倒してもナーガラジャが増援してくる。ナーガラジャは地変ブロック、電撃反射。弱点は火炎。なので全ての敵を攻撃できる火炎スキルは必須。更にナーガラジャはバッドステータス攻撃やマハジオダインを使ってくる。ナーガとの合体攻撃「愚者断罪」は全員110くらいのダメージを喰らうので注意。

→先へ進むとイベント。ロアルドとアルジラがパーティーから離脱。セラが加入(サーフの得ていたスキルを受け継ぐ)。

☆あっちゃー、また優先的にマントラをマスターさせていたロアルドとアルジラが離脱かよ!自分的に使えないシエロとゲイルが残っちまった…。

次は再びEGG施設へ向かいます

『デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2』のプレー日記5

『デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2』のプレー日記5
以下、ネタバレ含みます。

「●」…フローチャート 「☆」…ゲーム中のメモや感想 「◎」…選んだ選択肢

●EGG施設へ
→B10で「セキュリティカード01」ゲット
→B11で「〃02」と「〃03」ゲット
☆"03"ゲートのセーブポイントから少し戻った所に倒れている人に話し掛け、パスワードを得る。
→B12、回復端末あり。小部屋の死体から「04」のカードゲット。パスワード解除法は同上。
☆途中のエレベーターでB7へ行くとフィールドハントができる。
→B13、05ゲート前の死体を調べ、パスワード解除のヒントを得る"A=1、B=2、C=3、Z=26"。
→敵から「05」のカードゲット。
☆パスワードは、アルファベットの順番を数字に直すだけ。なので"ABYSS"だったら…普段RPGに慣れている人にとっては子供だましですな。
ボス:夜叉鬼アバドン
☆シエロが強制的に参加するが、嫌だったらすぐメンバーチェンジすればよい。
特徴:弱点は衝撃。但し体質が変わるので弱点も火炎、衝撃、地変などに変化する。物理ブロック。「アビスの穴」で飲み込んでくる。飲み込んでいる間に一定のダメージを与えないと飲み込まれたものは消化され死んでしまう。パワーウェーブや地獄突きなどの物理攻撃をしてくる。

→アバドン戦を終えてB30へ。ヒートが登場しイベント。なぜよけねえ、という問いに選択肢

 ・仲間…だからだ
◎・セラは…渡せない

イベント後、サーフがパーティから離脱。シエロがパーティに加入。

☆アバドン戦にて初めて戦闘で全滅しました。全滅すると黒猫が登場に謎のメッセージが登場。翻訳できません。
☆ここまでのプレータイムは17時間、レベルは平均33くらい。
☆つーかサーフを中心にガンガン、マントラをマスターしていっただけに、この離脱はすっげー痛いんですけど…。
☆ここまで来てから全体マップより地下街へ行くと、ジャックランタンが登場し、$50000で「威圧の魔石」を売ってくれます(アイテムを消費しないと再度売ってくれない。「威圧の魔石」を戦闘中使うと、点滅プレスアイコンが4つ増えます。敵が使ってくる「ギガバイオレンス」みたいなもんでしょう。
☆さらに地下街で女の子に話かけると、なんとシエロがビームを放つシューティングゲームをプレイする事ができます。3面からなる縦スクロールの2Dゲームで、登場する敵キャラはチンやサマエルなど翼を持つ悪魔達です。けっこう本格的で、かなり良質なミニゲームではないでしょうか??これだったらおまけソフトとして付けてもいいんでは。

次は動力プラントへ進みます

バルサとマドリーの差は8へ

バルサがリーガ最下位のヌマンシアにアウェーながらドローを演じてしまったわけだが、しかしマドリーはデポルに完敗。これで両者の差は8へ。いつ二桁のポイント差になってもおかしくないな。

気になるのは両者の負傷選手。マドリーはCLでサルガド、デポル戦でジダン、ロナウドも故障でラウルもインフルエンザ。バルサはジュリとベレッチが負傷したっつー事だが、バルサの右サイトどうすんのよ?こりゃ次のCL、バルサ、マドリー共にやばいんじゃないのか?!

しかし本当に残念なのは、WOWOWによって首位バルサ、2位マドリーの試合が1日遅れで放送されてしまう事。そんなに大久保が重要か?アホだ…アホすぎる。