◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« Googleの検索結果に日付けが再び表示されるようになった | トップページ | ドラクエ8:隠しダンジョンについて〜クリア後のおたのしみを攻略〜 »

『デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2』ファーストインプレッション〜プレー日記1[ゲーム]

とうとう買ってしまいました、『デジタルデビルサーガ アバタールチューナー2』。そう、『アバタールチューナー』続編です。

こういう続編って、前作よりあまり間を置かないでリリースしてくれると内容を比較的覚えているので嬉しいですね。何より前作の終わり方が気になりすぎでしたから。(以下、前作のネタバレ含む)

「●」…フローチャート 「☆」…ゲーム中のメモや感想 「◎」…選んだ選択肢

☆はじめに☆
このゲームは、絶対に前作『1』をプレーして(さらにクリアして)おくべきだと思います。そうじゃないと、さっぱり意味が分からないでしょうし、楽しみも半減すると思います。

今作の『2』ですが、まず前作のクリアデータがあるとコンバート(引き継ぎ)できるようです。なので私はまず必死に前のデータが入っているメモリーカード(8MB)を探しました(笑)。

●ゲームをプレー開始
→まずはデータのコンバートを行います。どうやら1、戦績ポイントの継承 2、パラメータにボーナス 3、難易度(ノーマル/ハード)の選択、の3つの特典が得られるようです(コンバートするデータによってはもっと沢山特典つくのかなあ)。

→コンバートしたため、次の項目では難易度を選びます。私はヘタれなので、迷わず「ノーマル」です。

→オープニングが始まります。夢なのか現実なのかわからない場所で、子供の頃のサーフ達と『1』のラスト付近で登場した”エンジェル”、そして謎の男が登場し何やら哲学的な会話をしています。いいっすねえ、こういうの。

→場面が変わり、前作のラストでサーフが降り立った荒廃した地上(ニルヴァーナ)が舞台となります。全員離ればなれなのかと思いきや、サーフ、アルジラ、ゲイルはすでにどっかで合流しているようです。このオープニング後、最初の選択肢が登場します。

 ・手を握ってみる
◎・この手はなんだ…?

●アパート〜占拠された地下街
→オープニングが終わり自由に動かせるようになります。
☆セーブポイントがありますが当然まだマントラは取得できません。「プロテクト」がかかっているようです。

→「占拠された地下街」という場所がいきなり最初のダンジョンのようです。何度か戦闘を行います。
☆今回は「カルマ"協会"」というのが敵のようです。前作までの舞台(死の世界だっけ?)では「カルマ"教会"」でしたね。意味ありげですねえ。
☆敵の会話の中に「チューナー(チューニング)」という言葉が出てきます。どうやら変身を指す言葉のようですが、詳しくはわかりません。このゲームのサブタイトルの言葉がやっと表立ってきたようです。
☆戦闘の音楽は、何やらカコイイです。
☆各キャラのレベルが上がると今回はアイテムを貰える事があるようです。

→何度か戦闘を終え、途中で地上に出る事ができます。この地上では「黒い太陽」が照りつけており、それに人が当ると「キュヴィエ症候群」という病にかかり結晶化してしまうようです。なぜかサーフ達はそれにかからないようです。

→ボス:夜叉鬼ヴェーダラ 飛天アンドラス×2
最初のダンジョンのボス戦です。地変系の攻撃をブロックします。衝撃系が弱点です。雑魚キャラよりHPの高いアンドラスが衝撃をガードしてくるので、まずこいつらを倒し、後はヴェーダラをザンで攻撃していきます。地変の全体攻撃をしてくるので、地変ブロックで防ぎます。
☆まあ、最初のボス戦だけあってヒントもくれるので楽勝です。

つづく