◇姉妹サイト◇
色々レビュー『Darkly Review』
 

Click Here!

« あああデンマーク負けたぁぁぁぁぁぁぁ | トップページ | オモイカネ(アバタールチューナー2) »

浦沢直樹の「PLUTO(プルートゥ)」読みました[レビュー/感想]

前から気になっていた浦沢直樹の「PLUTO(プルートゥ)」。買おうかずっと迷っていましたが、人に借りる機会があったので読んでみた。最初は「浦沢直樹と鉄腕アトム…?うーんどうなの」ってな感じで読み始めたんですが…。

いやはやびっくり、さすが浦沢直樹っつーか。
そもそも私は鉄腕アトムをリアルタイムで知らないし、アニメでもちゃんと見た事が無いのですが、そんな事まったく知らんでもしっかり楽しめますな、こりゃ。

鉄腕アトムの片鱗が見られるのはおそらくキャラの名前や細かい設定くらいなんでしょう。あとはサスペンスティックな展開、そこに散りばめられた謎、各エピソードの独特な締めくくり方等々…、”全く新しい浦沢直樹の新作SFサスペンス漫画”として十分楽しめました。

まだ1巻目ですが、こりゃあ続きが気になりますぁな。



トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 浦沢直樹の「PLUTO(プルートゥ)」読みました: