メイン

日記・雑記('08〜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

2008年11月05日

コーラグラス

マクドナルドにて、L・Lサイズのバリューセットを注文することで貰えるコカ・コーラのグラスをゲット。色は選択できず。自分がゲットしたのは赤いグラスでした。実際手に持ってみると、なにぶん「タダ」のためかずいぶんと軽い。割らないように気をつけよう。

なんとなくだけど、コレでコーラを飲むといつもと違う味が楽しめそうな気がするというささやかなハピネス。

2008年10月29日

混迷

 「景気が悪い」って言葉はいつどんな時でも耳にします。逆に「今年は景気が良いね」なんて言葉を聞く事はまず皆無。まるで光源がどこにもないのに影だけが浮き彫りになっているような、不思議な絵の中にいるみたい。果たして何を基準に景気が悪いというのか・・・。バブルと呼ばれた時代だって、子供ながらに世の中そんな景気が良さそうには思えなかったけども。つまり、今はいたって「普通」なのでは?

 ・・・なんてこれまで思ってきました。が、しかし。今後控えていそうな不景気の波は、ちょっとこれまでになくやばくないですか?いままでの不景気が第一形態なら、今度こそ真のラスボス登場?

 この先、世界はどうなってしまうんでしょうか。

 こうなると、もはや世界が崩壊してしまってからの事を考えた将来ビジョンというのをいまのうちに設計しておいた方が良いのかもしれません。ここはやはり、文明に頼らないで生き抜く事が出来るようなスキルを磨いておく必要が、あるのかもしれません。

 将来を踏まえた転職をするなら、サバイバーになるのが一番良い選択かも。

 とりあえず腕時計(アナログ)だけで方角を知る方法↓
http://www.ne.jp/asahi/kuwana/sannpokai/taiyoudehoui.html

2008年10月28日

もうSDカード安すぎ

 ネットでmicroSDカード(1GB)が299円で売られていました。1GBが300円切ってる。もうどんだけ安くなるんだと。これだとうっかりなくしても精神的ショックが少なくて「まあいいや」となる可能性大。あと少しでガチャガチャより安くなっちまいますよ??

 そのうちティッシュ配りみたいに「お近づきのしるし」としてSDカードが配られる日が来たりするんではないか。小さいから広告スペースは少なそうだけど(得たいの知れないデータとか入ってたらイヤだな)。

2008年10月18日

野菜不足だが

 最近めっきり野菜不足。食うと医者が青くなるトマトもほとんど口にしていない。食事といえばスーパーの弁当ばっかり。しかも週末はジャンクフード。口にするのは申し訳程度に弁当に入っている肉の下敷きキャベツとかニンジンの切れ端とか、ベーコンレタスバーガーの”レタス”部分とか。まともに野菜っぽいやつは野菜ジュースのみ。

 これで二週間くらい生活してるけど、まあ別に、とくに身体がおかしいという事はない・・・な?

2008年10月14日

人体の不思議

 特に昼過ぎなど、仕事中パソコンを打っていると襲ってくる睡魔。普通の状態だとキー入力しながら入眠するなんて器用な真似できないのに、どうして睡魔が襲ってくるのか。

 で、「このまま仕事すんの無理」と思い休憩に入っていざ、仮眠。という風に寝ようと意識すると、これが眠れない。

 人体の不思議。

2008年10月13日

内転筋痛

 スポーツジムでヒップアブダクションという内もも(内転筋)を鍛えるマシンを久々にやったのですが、痛めました。このトレーニングを行って次の日はそうでもなかったのですが、その次、さらに次と日を重ねるにつれ痛みが増す内転筋の筋肉痛。

 なぜヒップアブダクションをやるとそうなり易いのか、個人的な分析ですが、この内転筋という筋肉は普段意識しませんが、ただ歩いたりしゃがんだり、日常的な生活をしているだけでも相当使っている筋肉です。皮肉ながら筋肉痛になると文字通りそれを痛感します。つまり、筋トレ後、痛んだ筋繊維を回復させるためには一定の休息期間をとる事がセオリーなわけですが、内転筋に過剰な負荷を与えた場合、次の日からただ歩いているだけでも軽い筋トレ状態になってしまい、知らず知らずオーバートレーニングになってしまっているのではないかと思います。

 そして、この内転筋を鍛えるヒップアブダクションはほぼ確実に内転筋”だけ”に集中して鍛えやすいマシン。そういう事では効率が良いマシンと言えますが、しばらくトレーニングしていない時は負荷を程ほどにしないと次の日以降にかなり堪えますね。

2008年10月12日

骨格

筋力・敏しょう性アップ=子供の体力下げ止まり-80年代には及ばず・文科省調査

 大人になってから鍛えても意味はなくないけど、ベースとなる骨格が形成されていくのは成長期。この頃に鍛えておくって凄く重要だったんだなあと今になってよく分かる。子供の頃は体育・運動まったくやんなかったからなあ。でも当時強制されて「これやれ!あれやれ!」って言われてたら、精神的に今よりひねくれて育ったかもしれないので結局どちらへ転んでもあまり良くはならなかったかもしれない(笑)。やっぱり自発的に運動しても気持ちいい汗はかけないしね。

2008年10月08日

眼科にもいろいろ

 一週間程前から目が真っ赤なままので眼科へ行きました。近くの個人病院へ午後イチで乗り込んだものの、待合室は座る席がほとんど無い程の混み具合。こりゃあ3時間程待たされるかな~と覚悟して受付。

 すると10分も待たずして早くも名前を呼ばれる。眼圧測る機械の前で待たされる。「ああ、まずは検査からか」と検査を受ける。その後どうせ待たされるんだろう・・・と思っていたら測定の後即、診察。

 目をチェックして2,3質問、「結膜炎」と診断。二種類の目薬を処方され終了。

 早!!

 前に行ったところは視力やら何やら検査された挙句3時間待たされた。しかし今回の所は即効システム。病院って場所によって違いがありすぎ。もっとも、もっとしっかり検査して欲しいという患者も居るかもしれないが、症状が分かりやすくすぐ事を済ませたいというライト患者にとっては非常にありがたい。

2008年09月30日

味気ない

 自分は『炭水化物不耐症』ではないかと思い、とりあえず高GI値の主食、白米をやめてみる生活を始めてからおよそ2週間。確かに、白いご飯を食べないと食後腹が張るのは和らぐ。が、毎食白米を抜くというのは何かと大変。

 まず肉類が物足りない。肉を食ったら次はほかほかの白米を口に運んでこそ、その味わいをコンプリートできるわけで、ここで変わりに蕎麦やキャベツを口にしたところで満足感は半減以下。あと白米の変わりとなる低GI値の炭水化物(蕎麦とかライ麦パン)を毎食用意するのがもう面倒くさいのなんの。疲れた時にはコンビニ弁当ひとつ買っておわり・・・というわけにいかない。大抵白ご飯付いてるからね。

 というわけで、いちいち白米を抜くくらいなら、多少腹が膨れるのはもう我慢する事にした方が良いという結論に達したわけです。何か他に良い『炭水化物不耐症』の対処法があったら教えて欲しいっす。

2008年09月27日

shadeにハマる

 「ハマる」という現象はなぜか突然やってくるが、ここに来て3Dソフト『Shade』にハマっている。こんなにハマったのは5年以上も前、はじめてShadeに触った時以来かも。

 おかげ様で食う寝る以外の事が全く手につきません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21